モニター調査とは?種類や目的、活用事例を解説

19 2023.12

アンケート調査手法

企業はいろいろな商品やサービスを企画して開発していますが、実際に顧客からどのような評価があるのか把握しておきたいはずです。自社側は「完成度が高い」と感じても、実際に販売すると顧客とのギャップが生じる場合もあるからです。

企業にとって有益な情報を集めるために、モニター調査を実施することもできますが、どのようなメリットやデメリット、流れ、注意点があるのか把握しておくのは大事です。モニター調査について内容を紹介します。
モニター調査とは?種類や目的、活用事例を解説

モニター調査とは

モニター調査とは、調査の対象条件に当てはまるモニターから、商品やサービスについて意見や感想を集める方法です。調査を始める際は開始前に期間と使用頻度などを決定しておき、始めたなら感想や使用の途中経過などを調査します。

対象は主に自社開発した商品やサービスであり、年齢などを設定したターゲット層に合わせて行いますが、目的によっては専門家から意見を聞く場合もあるため、用途に合わせて進めていくと言えるでしょう。

モニター調査のメリット

モニター調査を行うときは、どのようなメリットがあるのか把握しておくのが重要です。
モニター調査のメリットは以下の2点です。
・調査対象から具体的な意見や感想を集められて、商品やサービスの課題について改善を的確に検討できる
・調査を実施する際に、専門的な知見を参考にして商品やサービスの改善を行える


モニター調査を行うことでより商品を改善し、顧客の要求に応えられるクオリティにできます。

モニター調査のデメリット

モニター調査にはメリットもあるので、内容を確認しておく必要があります。
モニター調査を行う際のデメリットは以下の2点です。
・複数の調査方法があるので、それぞれの特徴を理解して方法を選択しなくてはいけない
・SNSへの書き込みを禁じるなど情報漏洩の対策をしなくてはいけない


調査のデメリットも把握した上で、計画的に実施する必要があります。
モニター調査の種類について

モニター調査の種類について

モニター調査は1つではなく、いくつか種類があります。どのような種類があるのか把握しておくと、自社に合った方法で検証を行えます。以下の表に一覧として表示しているので確認してください。
種類
概要
インターネット調査 インターネットで行い、情報収集する
電話調査 電話による具体的にユーザーの声を集める
郵送調査 対象者にアンケートを郵送して回答してもらう
インタビュー調査 対象とモデレーターの対話、または座談会形式で回答
会場調査 対象者を会場に集めて調査する

インターネット調査

インターネット調査のメリットは、短期間で多くのデータを集められることです。URLやバナーを設置するだけで対象者を集め、自動的に回答してくれるので、素早く情報を入手して検証できます。

また動画やイラストを活用して質問を組み込めるため、対象者も内容を理解して回答できミスを防ぎやすいです。ただ、インターネットは不特定多数という点があり、回答の正確性や信頼性に欠けるのがデメリットです。インターネットを使用しない層からは情報を得られないので偏る結果になる可能性もあります。

▼関連記事
ネットリサーチとは?効果的に活用する方法から実施の流れを解説

サンプリングとは?リサーチにおける対象者抽出の重要性について解説

電話調査

電話調査のメリット対象者に応じて、臨機応変な対応が可能です。対象者に口頭で丁寧に説明できるため、意味を理解した上で回答してもらえます。また、口頭で質問できるので、調査結果を得るまでのスピードも早く、チャットやツールなどと併用も可能です。

ただ、デメリットとしてオペレーターが1対1で対応するので、時間と労力がかかります。まさらに電話番号の個人情報が必要であり、対話が長くなると情報収集の点で非効率になる可能性もあるため注意すべきです。

郵送調査

郵送調査のメリットは質問量が多くても対応できることです。紙に質問を記載できるため、自社で知りたい内容をまとめて書き出すと、全て回答してもらうことが可能です。

また、口に出して伝えるのが難しい場合も利用できプライバシーを守りながら調査が可能です。ただ、デメリットとしては、事前に同意を得る必要があり、開封率も低いです。また、回収するまでに時間もかかるため、直ぐに情報が得られるわけではありません。郵送調査をするときは時間のかけ方などに注意しましょう。

インタービュー調査

インタービュー調査のメリットは、相手と対面して顔を見ながら話すことができることです。1対1で話をするため、対象者の本音について把握でき、より具体的な内容を理解できます。また、対象者に合わせて変化させることもできます。

一方、デメリットはインタビューの対象者が話に流されやすい傾向もあることです。複数でインタビューする際は他と意見が異なったときにうまく発言できず、サンプルが取れない可能性もあるため、場面に注意する必要があるでしょう。

会場調査

会場調査のメリットは、対象者に体験してもらったうえで調査を行えることです。商品や飲食、広告などについて実際に体験してもらえれば、まだ実感がある中でアンケートによる結果を得られるため、リアルな反応を得られ、サービスのアピールも期待できます。

一方で、デメリットは会場に多くの対象者が必要になるため、集めるのが大変です。また、会場に多くの人員や商品を準備しなくてはいけないので手間とコスト負担が大きくなる可能性もあります。
モニター調査の流れについて

モニター調査の流れについて

モニター調査を行う際は流れについて把握しておく必要があります。調査の流れとしては以下のようになります。
・調査方法の企画作成
・調査方法の選定
・調査の実施
・調査結果の集計や分析


モニター調査は企画作成、選定、実施、集計と分析ですが、それぞれの内容についてさらに解説します。
モニター調査の流れについて

ステップ1:調査の企画作成

モニター調査をする前に、まずは調査の企画・設計をします。調査の目的や使途がなくては、内容が明確にならないからず、調査をする上で最も重要な部分になります。
調査目的とは、例えば「ターゲットのニーズを把握すること」や「サービス改善に向けて満足度や不満点を明確にしたい」などがあるでしょう。目的を定めたら仮説を立てることにより、ご自身の主張の質を各段に高めることが出来ます。

ステップ2:調査方法を選定

調査目的や目標を明確にした後は調査方法を選定します。モニター調査は上記でも紹介したように様々な種類があるため、予算や効率などを考慮して選ぶ必要があります。また調査方法によって詳細な内容やリアルな声を収集できるかなど異なります。メリットやデメリットを把握して慎重に選びましょう。

ステップ3:モニター調査の実施

調査は期限を決めておく必要があるので、その期間内にアンケートを提出して回収できるのかチェックしておくべきです。実施スケジュール管理をして、途中離脱者が出ても補足できるように対策を立てておく必要があります。精度を高めたい場合は本調査前にスクリーニング調査を実施することもできるでしょう。

ステップ4:調査結果の集計

モニター調査を実施し終えたなら、集計して分析する必要があります。集計方法はいろいろありますが、主に回答者の実数や割合を一覧にして大まかに把握する「単純集計」と、全体をグループに分けて集計する「クロス集計」があります。それぞれの調査結果と目的に沿って結果を整理して分析しましょう。

▼関連記事
アンケート結果の集計方法からExcelでのグラフの作り方まで解説
クロス集計とは? 単純集計との違いや注意点について分かりやすく解説。
モニター調査の事例について

モニター調査の事例について

テレビ番組認知度調査

テレビ番組で紹介する人気ランキング作成というテレビコンテンツの目的で、インターネットでモニター調査を行うといった事例があります。調査内容としては対象者は20〜40代の専業主婦であり、インターネットのオンラインで芸能人の人気や認知度についてアンケートを取りました。

300人という規模で調査をして実施期間は1日でしたが、オンライン上で行うモニター調査はスムーズに回答を得ることができます。テレビ番組のコンテンツ作成はスピードが重要ということもあり、インターネットを活用して、目的を達成できました。

今回はコンテンツ作成でしたが、他にも商品開発やサービスについての口コミとして早急に集めることができるので、他の企業も十分に活用できるでしょう。

レッドブル

レッドブルは1987年に、レッドブル社が開発したエナジードリンクです。レッドブルの新商品を開発した際に、顧客のリアルな意見や反応を見ることを目的として、街頭調査を行いました。

期限は不明ですが、宣伝カーを走らせ、エリアでレッドブルを無料で配布するキャンペーンを開始します。その場でレッドブルーを飲んでもらった顧客に、直接反応を確認することで、リアルな意見を収集することができたようです。

街頭調査は大勢の人の意見を収集できるため、多くの情報を集めて分析したい会社におすすめです。実施期間はかかるため、ある程度長期的に見なくてはいけない場面もありますが、商品開発を行う際にぴったりの調査方法なので計画してみましょう。
モニター調査を実施する際のポイント・注意点

モニター調査を実施する際のポイント・注意点

事前にスクリーニング調査をする

モニター調査を実施するときは、事前にスクリーニング調査を行うのがポイントです。スクリーニング調査は実施する対象者を集めるための調査です。例えば、年齢30代の男性で健康志向のある人に調査をしたい場合、その条件に合う人を集め、自社の健康食品商材に関する調査を行います。
自社商品に興味関心がある人に対してにアンケートを取ることでより精度の高いデータを得ることが出来るため、自社の所有リストだけでは難しい場合は、モニターにアンケートをすることが出来るツールなども使用し、適切な対称者に対して調査を実施します。

▼関連記事
スクリーニング調査とは

対象者に謝礼を用意

モニター調査を実施するときは、対象者に謝礼を用意しておきましょう。
アンケートの実施主に対して好意的、もしくは意見や時間に余裕がある等であれば別ですが、特に報酬が出ないのにアンケートに協力してくれる人は少数かつ、アンケートのクオリティが低下する可能性もあります。謝礼の内容については、抽選で新商品を無料で届ける、またはサンプル品を回答者にプレゼントする、Amazonギフト券を送るなどがあるでしょう。予算と照らし合わせて、無理のない範囲で謝礼を用意することをお勧めします。

まとめ

モニター調査について、内容を紹介してきました。モニター調査はいろいろな種類があり、それぞれメリットやデメリットも違います。また成功するポイントも異なります。そのため、各会社でどのように対応すべきなのか、しっかりポイントを把握して実施する必要があります。モニター調査をしっかり行って情報収集して分析するなら、会社として収益を得る機会ともなります。実施する前に、どの方法が良いのか慎重に考慮してください。

セルフ型ネットリサーチツール「Suveroid」のご紹介

Surveroid(サーベロイド)」はアンケート回答モニタに対して、1万円(税別)からアンケートを取ることが出来るセルフ型ネットリサーチツールです。クイックかつローコストで消費者データの取得が可能です。また、調査会社が使用する「全国約450万人のアンケートパネル」から、ターゲットのセグメントやスクリーニングをすることができ、「無料の集計・分析ツール」がカンタン操作で利用できるなど、初めての方からプロのリサーチャーまで、幅広いユーザー様のリサーチニーズに対応しています。

サービス内容の詳細はこちら
無料会員登録してアンケートを作成してみる
各種サービスの資料はこちら
51 件

Related Contents