2022年7月20日 更新

商品・製品評価アンケートとは?そのメリットや注意点を解説!

商品・製品調査のイメージ

商品・製品調査のイメージ

商品・製品評価アンケートとは?

商品・製品評価アンケートは自社の商品や製品に対してユーザーからの評価を得るためのアンケートになります。その際の評価指標としては、ユーザーからの声を集めるという目的の他に、競合となる会社や商品と比較して、改善点やストロングポイントを炙り出すというものもあります。

自社が思う“良いモノ”を作ればよいというプロダクトアウトの時代は終わりを迎えつつある中で、現在は商品開発自体にもマーケティングの発想が求められてきているといえるのではないでしょうか?

商品・製品評価アンケートのメリット

商品・製品評価のメリットは、大きく以下の3つになるでしょう。
・市場投入前に大きな失敗をあらかじめ防ぐことができる。
・市場投入時にターゲットとのコミュニケーションの軸を確立させることができる。
・競合製品との棲み分けを図ることで戦略的な製品展開を図ることができる。

商品・製品評価アンケートの調査項目

商品・製品評価アンケートの調査項目は、その使用感や第一印象といったモノにフォーカスした項目も重要になりますが、認知経路であったり、マイナーチェンジ以前の製品との印象の差異や購買に向けての態度変容、競合製品との差異など、製品だけではなく、マーケティング要素の項目を追加して調査を行うのが良いでしょう。

商品・製品評価アンケートを作成する際の注意点

注意点としては、調査を行う前に“これは何のための調査なのか?”という目的をはっきりさせることです。
調査軸がはっきりしないままでは、適切な設問を作成できなかったり、調査手法を間違えてしまい、適当な調査結果を得られなくなってしまうといったことが起きかねません。
その製品が開発段階なのか、市場投入前なのか、市場投入後なのかといったステータスでも適切な調査設計は異なってきますので、十分気を付けるようにしていただきたいと思っています。
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

マーケティング活動において生活者の声を取り入れるためにアンケートを取ることは重要な施策の1つとなっています。ただアンケートに回答するという行為は回答者にとっては一定の時間を提供する心理的負荷の高い行動となります。 当記事ではアンケートへの回答率を上げるための方法の1つとして、アンケート依頼メールの書き方についてのポイントを解説します。
アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートは対象者に向けていくつかの質問をし、回答内容に基づいて分析をすることで何らかの情報を得るために行いますが、アンケート結果に現実との齟齬が生じると今後のマーケティング活動に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。 今回は、アンケートの『選択肢』に焦点を当てて信頼性の高い回答を得るためのポイントを解説していきます。
大石 | 3,386 view
アンケート調査で「回答率」が重要なのはなぜ?回答率を向上させる方法についても解説

アンケート調査で「回答率」が重要なのはなぜ?回答率を向上させる方法についても解説

アンケートはマーケティングの成果を測定するときに有効な手段である一方、正しく活用するためにはアンケートの配布数、回答数だけではなく、「回答率」も確認をする必要があります。今回は、なぜ回答率が重要視されるのか、回答率が低くなる要因を踏まえて、アンケートの回答率を上げる方法について詳細に解説します。
大石 | 2,529 view
アンケートとは?種類や作成方法を解説

アンケートとは?種類や作成方法を解説

アンケートはマーケティング課題の発見などに役立つものではありますが、実施する上でその目的を明確にし、しっかりと作成をしなければ効果的な戦略立案などの目的を達成することはできません。当記事では効果的な回答を得るためのアンケートの種類や作成方法を解説していきます。
アンケート調査票の作成方法は?注意点やテンプレートを公開

アンケート調査票の作成方法は?注意点やテンプレートを公開

有効なリサーチ結果を得るためには、土台となる調査票の質がとても重要になってきます。 この記事では作成方法から注意点、テンプレートも最後に準備しているので、有効なデータを取得できるような調査票作成術をお伝えします。
大石 | 1,783 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

栗田(MRJ副編集長) 栗田(MRJ副編集長)