2020年11月28日 更新

学術調査(アカデミックリサーチ)の実施方法から注意点まで解説

gettyimages (1393)

学術調査(アカデミックリサーチ)とは?

学術調査とはアカデミックリサーチとも呼ばれ、自身の研究内容のために調査を行うことを指します。それ以上に何か明確な定義があるわけではなく、研究のために調査を行ったならば学術調査となります。

学術調査においては最適な手法の選択が重要ですが、中でもアンケート(ネットリサーチ)は安価に大量サンプルの声を集められる点、希少サンプルにもリーチしやすい点から仮説の検証など量が欲しい状況化において有効な手立てとなります。

学術調査を行うための方法2選

学術調査でアンケートを行う際、方法は主に2つあります。まずは調査を生業とする専門の調査会社に依頼するもの、もう一つはアンケートのためのツールを使用するものです。

調査会社に依頼する

まず挙がるのは調査会社に依頼する方法です。メリットとして調査の実施をサポートしてくれる点、実査(アンケート画面の作成やデータクリーニングなど調査に付随する作業)を行ってくれるので自身は手を動かす必要がないという点が挙げられます。

一方で、以下で紹介するツール使用時に比較すると高価になってしまう点、また納品まで時間がかかってしまう点が挙げられます。(ケースバイケースですが、相談~納品までは短くとも2週間ほどかかってしまうことが多いです。)
 
予算と時間がある場合においては最適な方法です。

アンケートツールを用いて自身で調査する

アンケートのツールを使用するというもので、マクロミル社のクエスタントや弊社のサーベロイドなどいくつか代表的なものが挙げられます。
 
これらのツールは自身でアンケート画面作成や配信設定、集計を行えるというもので、調査会社に依頼した際と同様の結果を安価に得ることが可能です。
難点としては手間が増える(画面作成、データ集計などは自信で行う必要がある)という点、複雑な機能はないという点です。前者については当たり前と言えば当たり前ですが、後者については少々注意が必要となります。
 
ツール毎に決まった機能しかなく、例えば弊社のサーベロイドでは性年代以外の割付を行うことができません。

アンケート作成の注意点

アンケートを作成するに当たり、いくつか注意点があるのでご紹介します。下記に触れないように、アンケート内容を精査するようにして下さい。

キャリーオーバー効果を防ぐ

キャリーオーバー効果とは、設問順のために前の設問が後の設問に影響を及ぼすことです。
次の例を見てください。

パターンA
Q1:〇〇株式会社のイメージを教えて下さい。
Q2:〇〇株式会社が収益の一部を慈善団体に寄付していることを知っていましたか?

パターンB
Q1:〇〇株式会社が収益の一部を慈善団体に寄付していることを知っていましたか?
Q2:〇〇株式会社のイメージを教えて下さい。

2つのパターンにおいて、〇〇株式会社のイメージが異なることは容易に想像されます。この場合、正しい設問順はパターンAとなり、Bは市場を正しく反映したものとは言えません。

ダブルバーレルを避ける

ダブルバーレルとは一つの設問において二つの項目を聞くことです。アンケート作成に慣れないうちは、多くの人がダブルバーレルの過ちを犯します。

以下の設問文を見て下さい。
Q1:この商品の価格と品質に満足しましたか?

これは「価格」と「品質」二つの項目を一設問で聞いてしまった例です。この場合、それぞれの項目は別の設問で聞かなければなりません。

【期間限定】サーベロイドの学術調査キャンペーン【初回限定5,000円のお値引き】

ここまで学術調査を行う方法や注意点について紹介してきました。最後に弊社のアンケートツールであるサーベロイドをご紹介させて頂きます。
サーベロイドではWeb上でアンケートを作成し、300万人を超えるアンケートパネルへの配信が可能です。スクリーニングも可能で細かなサンプルへもリーチできるため、学術調査において多くの使用実績がございます。

現在、期間限定で学術調査の実施が5,000円オフとなるキャンペーンを行っております。
先払い、請求書払いのどちらにも対応可能なため、まずはこちらから無料会員登録を行って下さい。
その際、会員登録区分を法人として、役職欄に「学術調査キャンペーン」とご記載ください。
 その後、キャンペーンを適用したアカウントを発行させて頂きます。

※サーベロイドは初回費用、月額費用などは一切発生せず、アンケートを配信しない限りは一切の料金が発生しません。
ご登録頂いた上でツールを使用するかどうかご検討頂ければ大丈夫なので、お気軽にキャンペーンをご利用下さい。

ご不明な点はサービスのサポート窓口である下記までお問い合わせください。
サーベロイド問い合わせ窓口:customer-support@surveroid.jp
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アンケート用紙をWordで作成する方法。チェックボックスやドロップダウンリストの使い方を解説

アンケート用紙をWordで作成する方法。チェックボックスやドロップダウンリストの使い方を解説

アンケートを紙で実施する際に必要になるのがアンケート用紙の作成です。日本企業では文書を作成する際にはマイクロソフト社のwordが多く使われていますが、当記事ではそのwordでアンケート用紙を作成するポイントを解説いたします。
アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

マーケティング活動において生活者の声を取り入れるためにアンケートを取ることは重要な施策の1つとなっています。ただアンケートに回答するという行為は回答者にとっては一定の時間を提供する心理的負荷の高い行動となります。 当記事ではアンケートへの回答率を上げるための方法の1つとして、アンケート依頼メールの書き方についてのポイントを解説します。
アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートは対象者に向けていくつかの質問をし、回答内容に基づいて分析をすることで何らかの情報を得るために行いますが、アンケート結果に現実との齟齬が生じると今後のマーケティング活動に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。 今回は、アンケートの『選択肢』に焦点を当てて信頼性の高い回答を得るためのポイントを解説していきます。
アンケート調査で「回収率」が重要なのはなぜ?回収率を向上させる方法についても解説

アンケート調査で「回収率」が重要なのはなぜ?回収率を向上させる方法についても解説

アンケートはマーケティングの成果を測定するときに有効な手段である一方、正しく活用するためにはアンケートの配布数、回収数だけではなく、「回収率」も確認をする必要があります。今回は、なぜ回収率が重要視されるのか、回収率が低くなる要因を踏まえて、アンケートの回収率を上げる方法について詳細に解説します。
アンケートとは?種類や作成方法を解説

アンケートとは?種類や作成方法を解説

アンケートはマーケティング課題の発見などに役立つものではありますが、実施する上でその目的を明確にし、しっかりと作成をしなければ効果的な戦略立案などの目的を達成することはできません。当記事では効果的な回答を得るためのアンケートの種類や作成方法を解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

高橋(MRJ編集長) 高橋(MRJ編集長)