2022年6月30日 更新

セルフ型アンケートツールの徹底比較【料金、操作感、サポート】

gettyimages (320)

こんにちは!アンケート作成ツールの「Surveroid(サーベロイド)」を運営する、マーケティングリサーチジャーナル副編集長の栗田です。
 
この記事では、セルフ型のアンケートツール、アンケートフォームについて比較を行っています。
各種ツール、フォームの特徴をピックアップしているので、いまからアンケート作成を行おうとしている方は、ぜひこれを参考にツール選定をしてみて下さい!

アンケートツールを使用するメリットとは?

多くの商品、サービスがあふれる現代において様々なシーンで消費者の声を聞くことはより一層重要になりますが、毎回毎回アンケートを調査会社に依頼するとどうしても費用が割高になってしまいます。
 
そこで登場するのがセルフ型のアンケートツール、アンケートフォーム作成サービスです。
Web上でアンケートの作成、配信、集計が完結してしまうため、調査会社に依頼する際に比べて安く、早く実施が出来るのが圧倒的なメリットとして挙げられます。
  
とはいえ、アンケートツール、アンケートフォームには様々な種類があり、選定に迷ってしまうもの。
各種アンケートツール、アンケートフォーム作成サービスを比較し、皆さまのツール選定に役立つことができれば、という思いでこの記事を作成いたしました。

Surveroid(サーベロイド)

 (694)

「Surveroid」のサービスサイトを確認する

直感操作でアンケートを作成し、全国400万人のモニター会員にアンケートを配信できるWEBアンケートツール。
初期費用、月額費用などは一切発生せず、1問×1人配信を10円で行うことが出来、利用最低料金が1万円と非常に安価な価格設定となっています。
 
オープン調査機能ではアンケート画面URLを発行することが出来、自社会員にメールなどでURLを送付すれば顧客満足度調査などにも利用することが出来ます。
Surveroidのクローズド調査、オープン調査ともにプロが使用している分析ツール「for Analysis」が無料で利用できます。
 
また各種サポートが充実しており、初めてアンケートを行うという人には特におススメできるツールです。

価格:設問数×回収数×10円のスポット料金 初期費用、月額費用などの固定費はなし
ネットリサーチツールへのリンク

Survey Monkey(サーベイモンキー)

 (695)

「surveymonkey」のサービスサイトを確認する

合計200種のデザインテンプレートが用意されており、15の設問タイプから適切な設問タイプを選択することが出来ます。
なお、月額料金によって使える機能に差があり、自分に合う料金プランを選ぶことが重要です。

集計結果はリアルタイムでグラフ化して確認することが出来るので、アンケート集計の手間がカットされるのは魅力的です。
 
価格:個人だと5,500円~、チームだと4,600円~となるようです。無料トライアルあり

Creative Survey(クリエイティブサーベイ)

 (699)

「Creative Survey」のサービスサイトを確認する

よりビジネスユースに特化しているアンケートツール。
Salesforceと連携していることから、Salesforce上でのアンケート配信が可能となり、クライアント企業の回答結果がリアルタイムでSalesforce上で確認できる機能が追加されました。
 
デザイン性の高いアンケートを実施されたい方にはぜひおススメできるツールです。

料金:個別での見積り

Googleフォーム

 (698)

「Google Forms」のサービスサイトを確認する

言わずと知れたGoogleが提供しているアンケートフォームの作成サービスで、無料で使用することが出来、設問数と回答結果の表示数に制限がないことが特徴です。
なお、アンケート配信対象者は自身で集める必要があります
 
回答結果はGoogleスプレッドシートに自動集計されるため、データを確認する工数が大きく削減される点がメリットでしょう。
集計・分析をスプレッドシート上で行うため、分析結果が個人の裁量に任されることが難点となります。
 
例えば社内での従業員満足度調査や、イベント会場におけるアンケート実施など、既にアンケートの対象者が明確にいる場合はおススメできるサービスです。
なお、こちらの記事でもより詳しくグーグルフォームについて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。
 
価格:基本的に無料 特定の機能については有料版にアップデートする必要あり

QiQUMO(キクモ)

 (1041)

「QiQUMO」のサービスサイトを確認する

月額固定費なし、1サンプル1問10円のシンプルな料金体系で約541万人の大規模モニター会員にアンケートが配信できるアンケート作成サービス。
特徴は追加料金なしで画像や動画の提示が可能な点です。
商品パッケージやCMの評価などで具体的にデザインを回答者に見せたいときに料金を気にせず手軽に行えます。

また現在はユーザーが回答者を用意する「リスト配信」アンケートが500サンプル10問まで無料になるキャンペーンを実施中です。
お客様アンケートや社内アンケートなどで活用できます。QRコード発行できるなど機能も充実しているのでおススメです。

海外調査をご希望の方には、世界20以上の国や地域でアンケートができるGlobalQiQUMOが用意されています。
セルフアンケートならではのスピード感と価格で海外調査が実施できるのが魅力です。

価格:【国内】設問数×回収数×10円のスポット料金 初期費用、月額費用などの固定費はなし
   【海外】8万円~

Questant(クエスタント)

 (697)

「Questant」のサービスサイトを確認する

調査会社大手マクロミル社が運営するWEBアンケート作成ツール。
自社会員などのヒアリングに向いています。
 
別料金でYahoo!意識調査としての配信や、300万人のモニターを保有するJAPAN CLOUD PANELへの調査も可能です。
アンケートのテンプレートも用意されており、初めての方でも利用されやすいサービスとなっています。
 

料金:4つのプランがあり、プランごとに出来ることが異なる。

アンケートツール比較のまとめ

さて、皆様に合うアンケートツール、アンケートフォームは見つかりましたか?
ツールはあくまでツール、大事なのはアンケートの内容です。

とはいえ、ツールの使い心地や料金体系は各社様々です。
ぜひ、ご自身にフィットしたアンケートツールを見つけてみてください!
ネットリサーチツールへのリンク
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【サーベロイド】回答者の趣味嗜好や家族構成など、より詳細な消費者情報を基にアンケート配信可能な新機能「拡張属性」をリリース!

【サーベロイド】回答者の趣味嗜好や家族構成など、より詳細な消費者情報を基にアンケート配信可能な新機能「拡張属性」をリリース!

MarketingResearchJournalを運営する株式会社マーケティングアプリケーションズ(本社:福岡県福岡市、代表取締役・萩野郁夫)は、2022年4月1日(金)に、セルフ型ネットリサーチ「サーベロイド」で新機能「拡張属性」の提供を開始致しました。
大石 | 604 view
【独自調査】生活者の購買行動を引き起こさせるために必要なこととは?

【独自調査】生活者の購買行動を引き起こさせるために必要なこととは?

コロナ禍も収束の気配を見せ始め、人々の行きかいも活発になってきているように思われます。沈んでいた経済活動も復調の兆しを見せ始める中、生活者はどのように購買行動を起こしているのでしょうか?今回はその実態について、15歳から60代以上の600名にアンケートを実施し、深掘りしてみました。
ホワイトデーでのバレンタインのお返しに対する働く女性の意識調査2022

ホワイトデーでのバレンタインのお返しに対する働く女性の意識調査2022

もうすぐホワイトデー。お返しに迷っている方も多いのではないでしょうか? 今回働く女性がホワイトデーについてどう思っているのか、550名を対象に調査を行いました。貰って嬉しいものから、お返しの金額、ホワイトデーに対するホンネを集めてみました。
アンケート用紙をWordで作成する方法。チェックボックスやドロップダウンリストの使い方を解説

アンケート用紙をWordで作成する方法。チェックボックスやドロップダウンリストの使い方を解説

アンケートを紙で実施する際に必要になるのがアンケート用紙の作成です。日本企業では文書を作成する際にはマイクロソフト社のwordが多く使われていますが、当記事ではそのwordでアンケート用紙を作成するポイントを解説いたします。
アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

マーケティング活動において生活者の声を取り入れるためにアンケートを取ることは重要な施策の1つとなっています。ただアンケートに回答するという行為は回答者にとっては一定の時間を提供する心理的負荷の高い行動となります。 当記事ではアンケートへの回答率を上げるための方法の1つとして、アンケート依頼メールの書き方についてのポイントを解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

栗田(MRJ副編集長) 栗田(MRJ副編集長)