2020年9月16日 更新

【自主調査】コロナ禍の「冷凍食品」使用動向を調査!各メーカーのNPS®比較も!

調査概要

 株式会社マーケティングアプリケーションズ(本社:東京都千代田区 代表取締役:萩野郁夫)は、全国30歳~59歳の男女を対象として、コロナ禍における「冷凍食品」の使用動向、および各メーカーのNPS®比較およびブランドイメージ等を調査しました。ローデータ、レイアウトデータ、GT表は無料で提供しております。ご希望の方はこちらのフォームより必要情報をご入力下さい。

対象者:全国の30~59歳、男女
有効サンプル数:600サンプル(性年代別均等割付)
調査期間:2020/9/2~9/3
調査方法:セルフ型ネットリサーチツール「Surveroid(サーベロイド)」を使用

調査項目

・コロナ禍における「冷凍食品」の使用頻度の変化
・よく使用する「冷凍食品メーカー」と、それぞれのNPS®
・「冷凍食品」を使用することは手抜き?

調査結果

コロナによって、約4人に1人が「冷凍食品の使用が増えた」と回答

 冷凍食品の使用頻度について、21.3%の人が「増えた」と回答。性年代別に見ると、各世代とも女性の方が割合が高く、最も高いのは女性30代と女性40代で、27.0%でした。
 (828)

 また「増えた」と回答した理由について自由記述で回答していただいたところ、「おいしいから」「簡単にすぐ食べられるから」という冷凍食品の利便性を挙げた方がいる一方で、「家にいることが増えて、自宅での食事が多くなったので」や「買い物に行く回数を減らしたいので」「野菜が高騰しているから」など、コロナ禍での特殊事情が、冷凍食品の使用動向に影響していることが見て取れました。

消費者がおススメする冷凍食品メーカーは?各メーカーのNPS®比較

 「NPS®(Net Promoter Score)」は、顧客の「推奨度」を示す指標で、「企業やブランドに対して、どのくらい愛着や信頼があるか」を数値化したものです。一般的に、NPS®は、実際の購買行動と連動しており、自社を支持する顧客層や離反する恐れのある顧客層を特定できることから、顧客満足度と比べて「業績に直結する」と言われています。
 NPS®の算出方法は、非常にシンプルです。自社の顧客に対して「この商品・サービスを友人や同僚に薦める可能性はどのくらいありますか?」と質問し、0点~10点の11段階で回答してもらいます。10~9点と回答した顧客を「推奨者」、8~7点を「中立者」、6~0点を「批判者」に分類し、「推奨者」の割合から「批判者」の割合を引いた値が、NPS®のスコアになります【図1・2】
図1

図1

図2

図2

 今回は、消費者がよく使用すると回答した「冷凍食品メーカー」について、NPS®の比較を行いました。回答の性年代別データや、各メーカーのイメージ調査については、無料配布データに含まれていますので、データダウンロードフォームより資料請求してください。
 (836)

※注:NPS®はカテゴリに影響を受けるため、カテゴリ内の相対評価にてランキングを作成
 (837)

 NPS®は、企業の業績に直結する重要な指標ですが、スコアの測定だけでは業績を向上させることはできません。「推奨者」と「批判者」の購買行動を比較することや、顧客ロイヤルティを形成するコンタクトポイントを特定し、ロイヤルティがあがる施策を実施するなど、NPS®調査をベースに、その後の具体的アクションを実行することが何より重要です。セルフ型ネットリサーチツール「Surveroid(サーベロイド)」を活用すれば、最低料金1万円・最短12時間からネットリサーチが可能ですので、是非、あなたご自身の業界でも、同様の調査を実施し、日頃の業務にお役立てください。

冷凍食品は「手抜き?」-消費者の声は?

 最後に、先月ネットニュース等で話題になった「冷凍食品の“手抜き”論争」についても、消費者の感想をアンケートしました。
 全体として「手抜きだと思わない」と回答した割合の方が多い一方で、男女比を見ると、女性の方が「手抜きだと思う」と回答している割合が多いことが興味深い結果となっています。これは、実際に料理をしている割合が多い女性の方が、「冷凍食品」の利便性を実感しているから、とも言えるのではないでしょうか。
 (841)

 なお、他にも下記項目を聴取しています。
・「冷凍食品」の使用頻度
・ コロナ禍によって、冷凍食品が「増えた」理由(FA回答)
・よく使用する「冷凍食品メーカー」のイメージ

データダウンロードフォーム

 調査結果のローデータ、レイアウトデータは無料で付与しています。
 ご希望の方は、下記メールアドレス にお問合せください。
 
 調査データ請求連絡先: customer-support@surveroid.jp
(注)Net Promoter®およびNPS®は、ベイン・アンド・カンパニー、フレッド・ライクヘルド、サトメトリックス・システムズの登録商標です。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アンケート用紙をWordで作成する方法。チェックボックスやドロップダウンリストの使い方を解説

アンケート用紙をWordで作成する方法。チェックボックスやドロップダウンリストの使い方を解説

アンケートを紙で実施する際に必要になるのがアンケート用紙の作成です。日本企業では文書を作成する際にはマイクロソフト社のwordが多く使われていますが、当記事ではそのwordでアンケート用紙を作成するポイントを解説いたします。
アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

マーケティング活動において生活者の声を取り入れるためにアンケートを取ることは重要な施策の1つとなっています。ただアンケートに回答するという行為は回答者にとっては一定の時間を提供する心理的負荷の高い行動となります。 当記事ではアンケートへの回答率を上げるための方法の1つとして、アンケート依頼メールの書き方についてのポイントを解説します。
アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートは対象者に向けていくつかの質問をし、回答内容に基づいて分析をすることで何らかの情報を得るために行いますが、アンケート結果に現実との齟齬が生じると今後のマーケティング活動に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。 今回は、アンケートの『選択肢』に焦点を当てて信頼性の高い回答を得るためのポイントを解説していきます。
アンケート調査で「回収率」が重要なのはなぜ?回収率を向上させる方法についても解説

アンケート調査で「回収率」が重要なのはなぜ?回収率を向上させる方法についても解説

アンケートはマーケティングの成果を測定するときに有効な手段である一方、正しく活用するためにはアンケートの配布数、回収数だけではなく、「回収率」も確認をする必要があります。今回は、なぜ回収率が重要視されるのか、回収率が低くなる要因を踏まえて、アンケートの回収率を上げる方法について詳細に解説します。
Googleフォームでの使い方を徹底解説。アンケート作成方法から作成事例まで!

Googleフォームでの使い方を徹底解説。アンケート作成方法から作成事例まで!

Googleのアカウントを作成すれば無料で利用できるGoogleフォーム。当記事ではその利用方法と作成方法を解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ARA ARA