2022年10月19日 更新

商品アンケートとは?目的・注意点やアンケートの項目例をご紹介!

商品アンケートのイメージ

商品アンケートのイメージ

商品アンケートとは

商品アンケートは、自社の商品や製品に対するユーザーからの評価を知るためのアンケートになります。商品アンケートの目的は後ほど詳しく記載しますが、ユーザーからの声を集めるという他にも、競合となる会社や商品と比較して、改善点やストロングポイントを炙り出すという目的もあります。

いくら便利な機能を兼ね備えていたとしても、その商品を発売する市場のニーズを満たしていないと人気を獲得することは難しいのが現状です。自社が思う“良いモノ”を作ればよいというプロダクトアウトの時代は終わりを迎えつつある中で、現在は商品開発自体にもマーケティングの発想が求められてきているといえるのではないでしょうか。

商品に関するアンケートの実施により、消費者の声からその商品の市場に見合った商品を開発することが求められています。

商品アンケートの目的は?

大きな失敗をあらかじめ防ぐ

実際に商品を使用している消費者や、調査対象となる商品のターゲット層へ向けてアンケートを実施することにより、消費者の意見を商品の中に取り入れることができ、販売時に「市場のニーズを満たしていないので、結果的に売れなかった。」といった大きな失敗を事前に防ぐことが出来ます。            

企業と顧客を繋ぐ軸になる

商品開発をしている中で、商品の消費者や商品のターゲット層を身近に感じる機会は多くありません。そのため、アンケートは企業と顧客を繋ぐコミュニケーションの軸として活用することが出来ます。            

戦略的な製品展開ができる

商品アンケートは、市場投入前だけでなく市場投入後にも実施することがあります。商品を使用した消費者に向けたアンケートを実施することにより、良い意見からは調査対象である製品の良い点(=強み)を見つけることができ、反対に悪い意見からは改善点を見つけることができます。市場投入後のアンケートの実施によって競合製品との棲み分けを図ることで、戦略的な製品展開を図ることが出来ます。            

定量調査のテンプレート例

定量調査とは

定量調査とは、調査対象から数値で表現することができるデータを集計し、統計的に分析する調査のことです。全体の傾向を調査する際に利用されることが多く、ネットリサーチなど、予め決められた選択肢から、該当する回答を選択する形式のものが一般的です。

商品アンケートのテンプレート〜定量調査編〜

定量調査の商品アンケートの項目例は下記の通りです。

・回答者の基本的な情報(性別・年代など)
・商品に対する満足度
・商品に対する印象
・商品のブランドに対する印象
・商品の購入頻度
・商品の購入場所        
ネットリサーチツールへのリンク

定性調査のテンプレート例

定性調査とは

定性調査とは、調査対象者から意見や感想など数値では表現できないデータを回収し、分析する調査です。企業側で見落としている問題点や改善点を発見することに適しており、対面でのインタビュー調査など、質問を深堀りしたり表情を観察する形式があります。        

商品アンケートのテンプレート〜定性調査編〜

定性調査で聴取するアンケート項目の例は下記の通りです。

・商品を知ったきっかけ
・商品を購入した目的
・商品を使用した感想(良かった点。良くなかった点)
・他社商品と比較した際の印象
・商品に対するご意見、ご要望    

商品アンケートの注意点

目的を明確にする

商品アンケートを実施する際には、市場投入前・後に関わらず、調査を行う前に“これは何のための調査なのか?”という目的をはっきりさせておくことが大切です。目的をはっきりと設定しないまま調査を実施してしまうと、適切な設問を作成できなかったり、調査手法を間違えてしまい、適当な調査結果を得られなくなってしまうといったことが起きかねません。その製品が開発段階なのか、市場投入前なのか、市場投入後なのかといったステータスでも適切な調査設計は異なるため、アンケートを実施する際には調査の目的を設定することを忘れないよう、十分に注意しましょう。

また、調査項目では、その使用感や第一印象といったモノにフォーカスした項目も重要になりますが、認知経路であったり、マイナーチェンジ以前の製品との印象の差異や購買に向けての態度変容・競合製品との差異など、製品だけではなく、マーケティング要素の項目を追加して調査を行うのが良いでしょう。        

商品アンケートの進め方

1.目的・ターゲットを明確にする

注意点でもご紹介したように、商品アンケートを実施する上で目的・ターゲットを明確にすることはとても重要です。これを怠ると、回答結果を集めて表面的な理解を得ることはできても、本質的なところで立ち止まり、十分な分析ができなくなる可能性があります。

有効的にデータを活用できずに終わるのはもったいないことです。そういったことを避けるために、目的・ターゲットを明確にして、その後のプロセスをスムーズに進めましょう。    

2.質問を作成する

次に、実際に回答してもらう質問項目を考えます。先ほどご紹介したテンプレートを参考に、回答者の視点で作成しましょう。

以下、質問を作成する際に気をつけるべき3点をご紹介します。
■質問文は簡潔で分かりやすく
読みやすい表現を心がけましょう。
一般的に使われてない文言を多用したり、長文で聞きたいことを盛り込んだ文章だと、回答するまでに思考することが増え、回答負荷が高まります。

■質問順は時系列に沿って設定する
例えば自社製品の浸透実態を調査する際の質問順として、正しい順番は以下になります。
【認知→購入経験→直近購入経験→今後の購入意向】
購入経験→認知 のような順番にすると時系列が乱れているため、回答負荷が高まります。

■似ている選択肢を作らない
例えば、選択肢内に「テレビ」と「マスメディア」があると、テレビはマスメディアに含まれるため、回答者は迷ってしまい、回答が分散する恐れがあります。        

調査の実施期間を決める

アンケート調査は、手法によって実施~集計までの期間が変わりますが、ネットリサーチの場合は、通常1〜2週間程度で調査の実施が可能です。
※記載の期間はあくまでも目安であり、それぞれ内容によって異なります。        

4.回答結果を集計する

データの回収が完了したら、いよいよ集計をします。それぞれいくつか種類があり、目的によって手法を変えますが、今回は主に使われている手法をご紹介します。

【集計方法】
■単純集計
選択式の設問において回答ごとの数を足し合わせるシンプルな集計方法です。調査結果全体を俯瞰的に見ることができ、回答の傾向を把握することができます。

■クロス集計
ある設問において、他設問や属性情報との掛け合わせでより深掘りした傾向を把握することができます。例えば性別や年代で回答傾向は異なるのか確認したいときにクロス表を活用します。

■自由記述集計
「数値」と「文章」のどちらかを記入させる設問において行う集計方法です。
・数値
 最小値、最大値、平均値、中央値、標準偏差を確認することで、データの読み違いを防ぐことができます。
・文章
 自由記述だけの一覧表を作成します。それから、キーワードをカテゴライズする「アフターコーディング」、出現単語を視覚的にわかりやすくする「テキストマイニング」等で分析をしていきます。        

5.レポーティング

結果をまとめ終えたら、レポートを作成します。第三者が見てもわかりやすく、意思決定において役立つ資料になるように作成することが大切です。

また、レポート作成ではグラフ等を用いて数値データを視覚的にわかりやすくすることも求められるでしょう。次の施策を考えたり、マーケティング戦略のヒントを得ることができるようなレポートが理想です。        

まとめ

今回は「商品アンケート」をテーマに、目的や注意点などをご紹介しました。商品アンケートは、商品の開発や改善に役立つほか、消費者とのコミュニケーションでもあります。ぜひ本記事を参考に、商品アンケートを実施してみてください!

当メディアを運営する株式会社マーケティングアプリケーションズでは、ネットリサーチツール「Surveroid(サーベロイド)」を提供しています。Web上でアンケート作成〜集計までを全てご自身で実施でき、安価に調査が実施可能ですので、商品アンケートの実施を検討されている方は、ぜひ1度サービス内容をご確認ください。        
ネットリサーチツールへのリンク

最後までお読みいただきありがとうございました!
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

マーケティング活動において生活者の声を取り入れるためにアンケートを取ることは重要な施策の1つとなっています。ただアンケートに回答するという行為は回答者にとっては一定の時間を提供する心理的負荷の高い行動となります。 当記事ではアンケートへの回答率を上げるための方法の1つとして、アンケート依頼メールの書き方についてのポイントを解説します。
アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートは対象者に向けていくつかの質問をし、回答内容に基づいて分析をすることで何らかの情報を得るために行いますが、アンケート結果に現実との齟齬が生じると今後のマーケティング活動に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。 今回は、アンケートの『選択肢』に焦点を当てて信頼性の高い回答を得るためのポイントを解説していきます。
大石 | 9,237 view
アンケート調査で「回答率」が重要なのはなぜ?回答率を向上させる方法についても解説

アンケート調査で「回答率」が重要なのはなぜ?回答率を向上させる方法についても解説

アンケートはマーケティングの成果を測定するときに有効な手段である一方、正しく活用するためにはアンケートの配布数、回答数だけではなく、「回答率」も確認をする必要があります。今回は、なぜ回答率が重要視されるのか、回答率が低くなる要因を踏まえて、アンケートの回答率を上げる方法について詳細に解説します。
大石 | 4,729 view
アンケートとは?種類や作成方法を解説

アンケートとは?種類や作成方法を解説

アンケートはマーケティング課題の発見などに役立つものではありますが、実施する上でその目的を明確にし、しっかりと作成をしなければ効果的な戦略立案などの目的を達成することはできません。当記事では効果的な回答を得るためのアンケートの種類や作成方法を解説していきます。
アンケート調査票の作り方は?例(テンプレート)や良い例・悪い例を公開

アンケート調査票の作り方は?例(テンプレート)や良い例・悪い例を公開

有効なリサーチ結果を得るためには、土台となる調査票の質がとても重要になってきます。 この記事では作成方法から具体的な例(テンプレート)、良い例・悪い例も最後に準備しているので、有効なデータを取得できるような調査票作成術をお伝えします。
大石 | 3,999 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

栗田(MRJ副編集長) 栗田(MRJ副編集長)