2021年11月29日 更新

アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

 (3054)

アンケートにおける選択肢の重要性

アンケートで欲しい情報を回収するには、回答者の心理を読み、本音を引き出すことが重要です。
例えば、「今回のイベントについてどのように感じましたか?」という設問に対して『良い/悪い』という選択肢を用意した場合、単純な答えしか回収できず本音が分かりづらいため、いまひとつです。
より回答者の本音を聞きだすためには、選択肢を増やす幅を持たせる自由回答も用意する、など選択肢の使い分けを行うことが重要です。

アンケートの選択肢作成時の注意点

上記の重要性を理解した上で、ここでは選択肢を作成するうえでの注意点を解説します。これから説明するものはどれも注意していないと気が付かない部分もあるかと思いますので、アンケートを作成する際はぜひ参考にしてみてください。

複数の意味・解釈を持つ選択肢は使わない

「いつも」「最近」といった表現は、人によってどれくらいの程度を意味するのかが異なるため、正確なアンケート結果が得られない可能性があります。例えば、頻度や期間を聞きたい場合は、「週に1回以上」や「月に2,3回程度」など、誰が読んでも同じ解釈となるような表現を使うようにしましょう。アンケート作成者は、回答の分散を防いで全員が同じ解釈の元アンケートを答えることができるように、配慮をする必要があります。

下記に頻度の選択肢例を記載します。
毎日
週5~6日
週3~4日
週1~2日
月に2,3日程度
月に1日程度
半年に1日程度
年に1日程度
それ以下

バイアスが生まれない選択肢にする

例えば、「本日実施したセミナーの内容は参考になりましたか?」という設問に対して、

参考になった
参考にならなかった

と選択肢を2つしか用意なかった場合、回答者は肯定的な選択肢を選ぶ傾向にあります。
これは心理学的にも証明されており、「イエステンデンシー」と呼ばれる潜在的傾向が働くためです。このような傾向を抑えるには、2択ではなく他の選択肢を用意することが効果的です。
また、今回の例でいうと参考の度合いは2択で分類できるような極端なものではないため、

とても参考になった
参考になった
どちらでもない
参考にならなかった
まったく参考にならなかった


というように、選択肢に幅を持たせた方が正確なアンケート結果を得ることができます。

排反で重複しない選択肢にする

例えば、「最後に店舗に来店したのはいつ頃ですか?」という設問に対して、

1ヶ月以内
2ヶ月以内
3ヶ月以内
3ヶ月以上来店していない

という選択肢があったとします。一見問題ないように思えますが、「1ヶ月以内」は「2ヶ月以内」の中に含まれるため、排反になっていません。そのため「未満」や「以上」などの表現を使うと解決します。

1ヶ月未満
1ヶ月以上2か月未満
2ヶ月以上3ヶ月未満
3ヶ月以上来店していない


回答者によっては、本来「1ヶ月以内」に来店しているが、選択肢を見落とし「2ヶ月以内」を選ぶ可能性もあります。
正確な情報を得るためには重複した選択肢を作らないことが大切です。

回答できる選択肢が網羅されていることを意識する

網羅的に選択肢を用意した場合であっても、回答者によっては選択肢のどれにも当てはまらない可能性もあります。回答できる選択肢がなくて困らないように「特になし」「あてはまるものはない」などの排他選択肢や、「その他」を入れておくことが重要です。
ただし、「どうしてもこの選択肢の中から答えて欲しい!」という場合もあるかと思います。そのような場合はあえて排他選択肢を用意しない場合もあります。

選択肢は長文にしない

選択肢が長文だと、読むのが面倒になる、かつ長文の選択肢が目につきやすく、その選択肢に回答が集中するなどのリスクがあるため、選択肢はできるだけ短く明確に書くことが重要です。設問文にも同様のことが言えますが、アンケートはサクサクと回答できるようにシンプルに作成することを心がけましょう。

例えば、「スーパーに行く頻度は週に1回以上」という選択肢は、「週に1回以上」とシンプルにできるのではないでしょうか。設問文に主語(スーパーに行く頻度の記載)がある場合や、どの選択肢においても同じ主語の場合は省略できるはずです。
 (3055)

アンケートの選択肢の種類

アンケートの選択肢にはいくつかの種類があります。今回は代表的な5つをご紹介しますので、用途に合わせた選択肢を使う際の参考になれば幸いです。

単一回答形式

複数ある選択肢の中から、あてはまるものを1つだけ選んでもらう形式のことです。

例)
Q.あなたが下記のコンビニエンスストアの中で最も頻繁に行くところはどこですか。
セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
ミニストップ
デイリーヤマザキ
ポプラ
その他
 (3052)

複数回答形式

複数ある選択肢の中から、あてはまるものを全て選んでもらう形式のことです。
1 つの質問に対して効率よく複数のデータを取得することができます。

例)
Q.あなたが好きな犬種を以下の中から全てお選び下さい。
柴犬
チワワ
トイプードル
ミニチュアダックスフンド
パグ
フレンチブルドッグ
ゴールデンレトリバー
ポメラニアン
その他
特になし
 (3053)

リッカート形式(法、尺度)

複数ある尺度(段階)の選択肢の中から1つを選択してもらう形式です。
尺度は4段階、5段階、7段階に分かれていることが一般的です。
迷わずに回答できるというメリットがある一方で、アンケート対象者が気を遣って本来の思いよりも高い得点を付ける可能性があるので注意が必要です。

例)
Q.下記商品についてどう思いますか。
とても購入したい
購入したい
どちらでもない
あまり購入したくない
まったく購入したくない
 (3048)

Yes/No形式

質問に対して二者択一で答える形式です。
2択なので回答がしやすい、分析が簡単というメリットがある一方で、バイアスがかかりやすいので注意が必要です。また、人によって捉え方が違う場合や、解釈に差が出る質問にも不向きです。事実ベースの回答を求める場合などに使用するのが良いでしょう。

例)
Q.あなたはここ半年間で携帯電話の機種変更をしましたか。
はい
いいえ

自由記述形式

アンケートの対象者が質問に対して自由に記述して答える形式です。
数値データではないので、集計して分析するときに手間や時間がかかりますが、回答内容の背景や選択肢からは読み取れない定性的な情報を把握することができます。

例)
Q.あなたは前問で「とても購入したい」と回答しましたが、その理由を教えて下さい。
Q.あなたがこのアプリを知ったきっかけを教えて下さい。
テレビ
新聞
雑誌
企業のホームページ
検索エンジン
インターネット広告
メールマガジン
SNS・ブログ
ダイレクトメール・チラシ
交通広告・看板
家族・友人・知人
店頭・POP
その他(自由記述)

まとめ

今回はアンケートにおける「選択肢」に注目して、重要性や注意点を解説しました。上記を理解し、適切な手法を使って回答者の本音を引き出すアンケートを収集しましょう。
また、現在ネットリサーチを考えている方がいましたら、リサーチに関するお困りごとの相談も可能なSurveroid(サーベロイド)のサービスサイトを覗いてみてください。
ネットリサーチツールへのリンク

それでは、今回も最後まで見ていただきありがとうございました!
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

顧客満足度の精度を上げる調査方法とは?5段階調査を中心に解説。

顧客満足度の精度を上げる調査方法とは?5段階調査を中心に解説。

今回は、顧客満足度調査を実施するにあたり一般的な5段階調査を中心に、NPSやCESなどのいくつかの調査指標の紹介も交えて解説していきます。
大石 | 1,903 view
アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

マーケティング活動において生活者の声を取り入れるためにアンケートを取ることは重要な施策の1つとなっています。ただアンケートに回答するという行為は回答者にとっては一定の時間を提供する心理的負荷の高い行動となります。 当記事ではアンケートへの回答率を上げるための方法の1つとして、アンケート依頼メールの書き方についてのポイントを解説します。
アンケート調査で「回答率」が重要なのはなぜ?回答率を向上させる方法についても解説

アンケート調査で「回答率」が重要なのはなぜ?回答率を向上させる方法についても解説

アンケートはマーケティングの成果を測定するときに有効な手段である一方、正しく活用するためにはアンケートの配布数、回答数だけではなく、「回答率」も確認をする必要があります。今回は、なぜ回答率が重要視されるのか、回答率が低くなる要因を踏まえて、アンケートの回答率を上げる方法について詳細に解説します。
大石 | 1,812 view
アンケートとは?種類や作成方法を解説

アンケートとは?種類や作成方法を解説

アンケートはマーケティング課題の発見などに役立つものではありますが、実施する上でその目的を明確にし、しっかりと作成をしなければ効果的な戦略立案などの目的を達成することはできません。当記事では効果的な回答を得るためのアンケートの種類や作成方法を解説していきます。
アンケート調査票の作成方法は?注意点やテンプレートを公開

アンケート調査票の作成方法は?注意点やテンプレートを公開

有効なリサーチ結果を得るためには、土台となる調査票の質がとても重要になってきます。 この記事では作成方法から注意点、テンプレートも最後に準備しているので、有効なデータを取得できるような調査票作成術をお伝えします。
大石 | 1,497 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

大石 大石