2021年10月12日 更新

マーケティング・リサーチャーってダサくない?

gettyimages (225)

問題提起

いや、そういう意味ではないのです。罵倒しないでください。言いたいのは「マーケティング・リサーチャー」という呼称についてです。

流行りの「データ・サイエンティスト」みたいなセクシーな職名が欲しい、ということではないです。サイエンティストって何か恐れ多い、気恥ずかしい感じがするし、「セクシー」という言葉の持つコノテーションも私にはわかりません。

素朴に「どんなお仕事をされているのですか?」と人からたずねられたときに、「マーケティング・リサーチャー」って少し言いにくくないですか(自意識過剰すぎるか)?

まず、ちょっと長いし、カタカナばかりで生意気な感じもあるし、第一、知らない人には何をやっているのかよくわからない。何だかわからないジョブ・タイトルは良くないですよね?たとえば「ほぼほぼ空間プロデューサーみたいなことをさせてもらっておりますが」とか言いたい人とは付き合いたくないですね。

リサーチ関係のジョブ・タイトル

マーケティング・リサーチ関係のジョブ・タイトルを検索してみると、こんなのがあります。

> リサーチディレクター
> インサイトアナリスト
> 市場調査アナリスト
> 市場調査インタビューア
> 調査員
> マーケティングデータアナリスト
> 製品調査アナリスト
> 市場調査モデレーター
> 定性調査アシスタント
> コンシューマーインサイトマネージャー
> ビジネス分析マネージャー
> ストラテジック・プランナー
> サイエンティスト
> 統計家
> モデリングマネージャー
> リサーチ・メソドロジスト
> リサーチ・プログラマー


う~ん、どれもピンとこない。
アナリスト」「メソドロジスト」「インサイト」は嫌ですね。何か良からぬことを連想しそうになります。
調査員」「統計家」はスッキリしていて良い。しかし「調査員」は仕事が異なる(フィールドワーカー、インタビューアのこと)。「統計家」は、この「家」っていうのがキツイ。陶芸家じゃないのだから・・・白髪のポニーテール、ヒゲ、和服というイメージがします。

いっそ、仕事の内容をあけすけに言って「アンケート屋さん」。これは卑下しすぎです。だいいちアンケートを売っているわけではない。

〇〇〇・リサーチャー

いや、「リサーチャー」は悪くないのです。ただ、「リサーチャー」というと、テレビ番組のリサーチャーとか、一般的な研究者の意味もあるから、限定を加える必要があります(ところで、小川孔輔さんのblogに「良い研究者と並のリサーチャーの分水嶺」というコラムがあるのですが、「研究者」と「リサーチャー」って若干レベル感を含んだニュアンスの違いがありますかね?)。

この限定が「マーケティング」だと、間口が広すぎて、ぼんやりしてしまう。それに、「マーケティング」って良くないニュアンスで使われることもあるでしょう?宮台真司さんの「損得野郎」みたいな。アンチ・マーケティングやミニマリスト的なスタンスの方が格好いいという感じもありますよね。(それもマーケティングのうちだ、といえばそうなのですが、そういう何でも含んでしまう曖昧さがこの場合は良くない!)

とにかく、マーケティング・リサーチャーの「マーケティング」の部分が良くないと思うのです。

そこで、言い換えをいろいろ考えてみます。

> 商業リサーチャー

「商業デザイナー」みたいで悪くないが、一歩進めて

> 商品開発のリサーチャー
> 消費者行動のリサーチャー
> 広告効果のリサーチャー

良くなってきました。さらに進めて・・・

> 自動車の商品開発のリサーチャー
> スーパーやコンビニ店頭での消費者行動のリサーチャー
> オンライン広告効果のリサーチャー

どうでしょう、こうした方が良くないですか?もちろん他のリサーチを担当することもあるけど、主に専門としている対象/分野を名乗れたほうが良いと思うのです。

言っている意味はわかりますよね?共感してくれる人がいるのかどうか自信がありませんが、私はリサーチ業界の駆け出しのころから、そうなるべきなのではないか、と思っていました。

ところが、私自身の専門性についていえば、実はこのような自分の対象・分野を結局作ることができず、リサーチの方法論(標本抽出法とか設問のテクニックとか)がしいていえば専門分野になってしまったのです。

困った。残念ながら世間には背を向けて「メソドロジスト」に甘んじるしかないのか。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アンケート用紙をWordで作成する方法。チェックボックスやドロップダウンリストの使い方を解説

アンケート用紙をWordで作成する方法。チェックボックスやドロップダウンリストの使い方を解説

アンケートを紙で実施する際に必要になるのがアンケート用紙の作成です。日本企業では文書を作成する際にはマイクロソフト社のwordが多く使われていますが、当記事ではそのwordでアンケート用紙を作成するポイントを解説いたします。
アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

マーケティング活動において生活者の声を取り入れるためにアンケートを取ることは重要な施策の1つとなっています。ただアンケートに回答するという行為は回答者にとっては一定の時間を提供する心理的負荷の高い行動となります。 当記事ではアンケートへの回答率を上げるための方法の1つとして、アンケート依頼メールの書き方についてのポイントを解説します。
アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートは対象者に向けていくつかの質問をし、回答内容に基づいて分析をすることで何らかの情報を得るために行いますが、アンケート結果に現実との齟齬が生じると今後のマーケティング活動に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。 今回は、アンケートの『選択肢』に焦点を当てて信頼性の高い回答を得るためのポイントを解説していきます。
アンケート調査で「回収率」が重要なのはなぜ?回収率を向上させる方法についても解説

アンケート調査で「回収率」が重要なのはなぜ?回収率を向上させる方法についても解説

アンケートはマーケティングの成果を測定するときに有効な手段である一方、正しく活用するためにはアンケートの配布数、回収数だけではなく、「回収率」も確認をする必要があります。今回は、なぜ回収率が重要視されるのか、回収率が低くなる要因を踏まえて、アンケートの回収率を上げる方法について詳細に解説します。
Googleフォームでの使い方を徹底解説。アンケート作成方法から作成事例まで!

Googleフォームでの使い方を徹底解説。アンケート作成方法から作成事例まで!

Googleのアカウントを作成すれば無料で利用できるGoogleフォーム。当記事ではその利用方法と作成方法を解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

KOJI.A KOJI.A