目的ベースのデータ分析 ~データの概観を理解する~GT、クロス集計、コレスポンデンス分析

実際のアンケートデータの例をもとに、毎回一つの目的に焦点を当て、分析事例を紹介していきます。

セルフ型アンケートツールの徹底比較【料金、操作感、サポート】

アンケートを作成する上でツールの選定はとても重要となります。当記事では各種アンケートツールを徹底比較いたします。ぜひ、ご自身に合ったツールを見つけてみてください!

D.I.Y.リサーチ入門(1)

本記事ではD.I.Y.リサーチとは何なのか。必要なツールや知識は何かについてお話しいたします。

新着の記事 最近投稿された記事

データの見方/リサーチの見方

データの見方/リサーチの見方

統計学やデータサイエンスへの注目が高まった結果だと思いますが、データの見方やリサーチの見方に関する内容の充実した書籍を多く見かけるようになりました。そのような書籍のうち、一冊紹介したいのが「<はじめての経営学>ビジネス・リサーチ」佐藤郁哉著(東洋経済新報社 2021)という本です。
リサーチとことば

リサーチとことば

SDGsがマーケティングの分野でもビッグワードになっていて、SDGsに関する調査もあちこちで結果が公表されています。
批評「18歳意識調査:コロナ禍とストレス」

批評「18歳意識調査:コロナ禍とストレス」

ネットリサーチCron : リサーチ関連の話題・手法について、業界内外の人が息抜きに読めるような軽いコラムです。
市場調査と学術調査の違い

市場調査と学術調査の違い

ネットリサーチCron : 私のクライアントには企業のマーケティングリサーチャーもいれば、大学や研究機関の研究者もいるのですが、今回は市場調査と学術調査の違いについて書いてみたいと思います。
デモグラフィックスとは

デモグラフィックスとは

デモグラフィックスとは、年齢、性別、家族構成、所得、職業、学歴、居住地域などの、「人口統計学的属性」のデータのことをいいます。
【無料キャンペーン案内】”VOC”の活用を促進させる、MAppsテキストマイニングサービス無料キャンペーン

【無料キャンペーン案内】”VOC”の活用を促進させる、MAppsテキストマイニングサービス無料キャンペーン

近年ビジネスにおいて重要視されているVOCを可視化する新サービスとして、「Mappsテキストマイニングサービス」を開始いたします!
S.A
【自主調査】有職者の30%超が希望!「副業・フリーランス」についての実態調査!

【自主調査】有職者の30%超が希望!「副業・フリーランス」についての実態調査!

コロナ禍におけるリモートワーク環境の増加、個人事業主・副業などの働き方の多様化、副業マッチング市場の伸長などの社会変化を背景に、「副業・フリーランス」を希望する方が増えていると言われています。今回は、「副業・フリーランス」として働く方について、自主調査を行いました。なお調査結果のデータは無料配布しております。是非、ご覧ください。
ARA
コロナ禍がブーストするDX

コロナ禍がブーストするDX

ビジネスと消費者行動に対するコロナ禍の影響については、この間非常にたくさんの研究・リサーチが行われ、おおむねどのレポートでも「経営、ビジネスのデジタル転回」の必要性については共通した認識となっています。
リサーチ手法:Vox Pops

リサーチ手法:Vox Pops

MOSのVox Popsはラテン語のVox Populi、「人々の声」という意味で、MOTSはMan On The Street、つまり、テレビのニュースなどでしょっちゅう目にしている路上インタビュー、路上アンケートのことです。
コロナ禍とグレンジャー因果

コロナ禍とグレンジャー因果

ネットリサーチCron : リサーチ関連の話題・手法について、業界内外の人が息抜きに読めるような軽いコラムです。
ペット系YouTubeチャンネルの主成分プロット

ペット系YouTubeチャンネルの主成分プロット

ネットリサーチCron : リサーチ関連の話題・手法について、業界内外の人が息抜きに読めるような軽いコラムです。
新型コロナと価値観

新型コロナと価値観

本記事ではコロナ渦における価値観の変化についてお話します。
UI,UXデザインのためのアンケートの実施方法とは?

UI,UXデザインのためのアンケートの実施方法とは?

コロナ禍を迎えDXの時代と言われて久しいですが、UIやUXデザインの調査がより重要度を増しています。本記事ではUI,UXデザインの調査について解説します。
商品・製品評価アンケートとは?そのメリットや注意点を解説!

商品・製品評価アンケートとは?そのメリットや注意点を解説!

商品・製品アンケートには様々なメリットや注意点があります。当記事ではそれらについて解説を行います。
Satisficing(努力の最小限化)回答者の予測 (3)

Satisficing(努力の最小限化)回答者の予測 (3)

Satisficing回答者の予測に関する実験調査結果の続きです。最後に、少し蛇足になりますが、予測の検証をしてみました。
170 件