2021年12月29日 更新

アンケート結果のまとめ方とは?流れや集計方法を解説

エクセルでの分析方法

データはエクセルの機能を使って集計をすることができます。ここでは集計をするときに便利なエクセルの機能をご紹介します。エクセルに不慣れな方にもわかりやすく解説しますので、参考になれば幸いです。

COUNTIF関数の活用

COUNTIF関数は、指定した[範囲]の中で1つの[検索条件]に一致するセルの数を数えることができる関数です。
=COUNTIF(範囲,検索条件)
[範囲]に参照する範囲を指定し、[検索条件]に一致するデータの個数を数えます。
下記に簡単な例を用いて解説します。
 (33)
上記のように指定すると、性別列のうち男性の数を数えてくれます。
COUNTIF関数は[範囲]と[検索条件]を指定するだけなので簡単に集計ができます。[検索条件]には例のような単語だけでなく、数値や空白セル等も指定することができるため、自分の集計したいものに合わせてぜひ応用してみてください。
(=COUNTIF(E3:E10,">=5")と入力すると、来店頻度5回以上の数を数えることができます。)

SUM関数・INDEX関数の活用

SUM関数:指定したセルの範囲の数値の合計値を取得
SUM(範囲)
INDEX関数:指定したセルの範囲から指定した行と列の位置にあるセルを取得
INDEX(範囲, 行番号, 列番号)

それぞれエクセルの関数の中でもベーシックなものではないでしょうか。実はこの2つを組み合わせるとさらに便利に活用できるため、例と共に解説していきます。
 (33)
上記のようにSUM関数の中にINDEX関数を組み込み、開始日、終了日を指定すると、指定日を変えるだけで売上数が算出できます。例以外にもSUM関数とINDEX関数は組み合わせ方によって便利に活用できるため、応用できるとさらに集計が楽になるでしょう。

ピボットテーブルの活用

ピボットテーブルは関数や数式を使わないで集計ができるエクセル機能の一つです。膨大なデータの中で必要な情報のみを抜き取って集計することができ、ボタンでポチポチと簡単に操作ができるので使いこなせるようになるととても便利です。(クロス集計の簡易版のようなイメージです。)
「担当者ごとの売上」「商品ごとの売上」といった得たい情報を簡単に抽出できます。
作成手順は以下です。
 (33)
列:商品カテゴリ
行:店舗
値:合計額
としたとき、下図のようになります。この表は店舗ごとに商品カテゴリの売上額を確認することができます。
 (2658)

散布図の作成

散布図は2つのデータの関連性を確認することができます。データを点でプロットしているため、表のままでは見えなかった2つのデータの関係性が座標上に浮かび上がり、視覚的にわかりやすいものになります。散布図を作成すると、相関関係の有無が確認できるため、分析において1番ベーシックな方法ともいえます。
 (33)
データを選択しながら[挿入]→[散布図]を選択すると、下図のようになります。
 (33)
例に挙げた身長と体重のデータの結果を見ると、身長が高くなるほど体重も増えているという関係がわかります。(散布図にするまでもなく、当然のことかもしれないですが)
また、この散布図は右肩上がりになっており、(横軸が増加すれば縦軸も増加する)そのような関係を「正の相関」があるといいます。

相関分析

相関関係の強さを表す指標を相関係数といいますが、この相関係数をExcelの関数で求めることができます。
1つ前の散布図を作成したときの例では、「正の相関」がありそうだと判断しました。しかし、散布図だけでは判断する際に個人差が出てくる可能性があります。そこで、エクセルの関数を使って相関度合いを数値で表しましょう。
CORREL関数は、2つのセル範囲の相関係数を返します。
CORREL(配列1,配列2)
配列1と2に身長と体重を指定して相関係数を出してみます。
 (33)
相関係数「0.941859051」という結果がでました。
相関の度合いは-1から1の間で表され、1に近いほど強い正の相関、-1に近いほど強い負の相関があるという目安があります。(0に近いほど相関が弱いことを表します。)
このことから、身長と体重の関係は非常に強い正の相関関係があるということが数値を通してわかりました。

まとめ

今回はアンケート結果のまとめ方や、活用方法について解説してきました。結果をまとめるときに必ず必要となる集計作業はツールを使わずに自力ですると結構時間や労力がかかるかと思います。また、分析方法も多くの種類があり、意思決定に関わる大事なフェーズなだけにどのような手法でどんな結果を得たいかなど考えるのは大変ですよね。
本記事を運営している会社はリサーチツール「Surveroid(サーベロイド)」では取得したデータを自動で読み込み簡単に出力できる集計ツールが付属しています。また、カスタマーサポートも充実しているので困ったことがあれば相談することが可能です。リサーチをするときは1度検討してみてください。
ネットリサーチツールへのリンク

ここまで見ていただきありがとうございました!皆様のリサーチ業務のお役に立てれば幸いです。
72 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アンケート結果の分析はどうする?分析の流れや手法を解説

アンケート結果の分析はどうする?分析の流れや手法を解説

アンケートでのリサーチを行った際、その後の集計と分析によって結論を導き出すことが重要となります。この記事では集計と分析の手法を解説します。
アンケート調査とは?進め方や調査の種類を解説

アンケート調査とは?進め方や調査の種類を解説

アンケート調査は明確な目的を持ち、しっかりとした手順で実施することで有用なものになります。 この記事では、アンケート調査の進め方や特徴、調査の種類を解説します。
お客様アンケートでサービス品質を改善!作成・分析方法・テンプレートまで紹介

お客様アンケートでサービス品質を改善!作成・分析方法・テンプレートまで紹介

今回は「お客様アンケート」を活用しサービスを改善していくにあたっての、アンケート作成のコツや集計・分析の方法について解説していきます。
顧客満足度の精度を上げる調査方法とは?5段階調査を中心に解説。

顧客満足度の精度を上げる調査方法とは?5段階調査を中心に解説。

今回は、顧客満足度調査を実施するにあたり一般的な5段階調査を中心に、NPSやCESなどのいくつかの調査指標の紹介も交えて解説していきます。
アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートは対象者に向けていくつかの質問をし、回答内容に基づいて分析をすることで何らかの情報を得るために行いますが、アンケート結果に現実との齟齬が生じると今後のマーケティング活動に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。 今回は、アンケートの『選択肢』に焦点を当てて信頼性の高い回答を得るためのポイントを解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

大石(MRJ編集長) 大石(MRJ編集長)