2021年9月28日 更新

アンケート調査とは?進め方や調査の種類を解説

アンケート調査とは

アンケート調査は大きく分けると2種類あり、オンライン上で実施するいわゆるネットリサーチと、紙で回答したり、会場で人を集めて試飲・試食等をしたりする会場調査などのオフラインで行う調査があります。
どちらも目的に応じて使い分ける必要があり、知りたいことに対して、どんな属性の回答者が何人必要か、どんな分析をしたいのか等を事前に明確にしてリサーチをします。

アンケート調査の進め方

冒頭でも記載したように、アンケート調査にはオンラインとオフラインの2通りあります。
アンケート調査を実施する上で、基本的な進め方に大きな違いはありませんが、進め方を誤ると意図したデータが取れない、回答者が集まらない等不備が出てくる可能性があります。
調査を実施するときはこれから解説するコツを掴んでよりよい結果を得ましょう!

目的・ターゲットを明確にする

アンケート調査を実施する上で、目的・ターゲットを明確にすることはとても重要です。
上記を怠ると、回答結果だけが集まり表面的な理解を得ることができても、本質的なところで立ち止まり、十分な分析ができなくなる可能性があります。有効的にデータを活用できずに終わるのはもったいないことです。
そういったことを避けるために、最初を固めておくことでその後のプロセスをスムーズに進めることができます。

アンケートの作成

実際に回答してもらう質問を考えていきます。
回答形式は、自由記述より、選択肢にする方が後々の集計や分析はしやすいです。
また作成するときは、回答者の立場になることを心がけましょう。
作りこまれていないアンケートは回答しづらい、回答する気力を失う等々、回収したデータが精度の低いものになる可能性があります。
せっかく時間やお金を使って調査をするので、欲しいデータが取れるように準備をしましょう。

具体的に気をつけることを3つ挙げます。
1.質問文は簡潔で分かりやすく
読みやすい表現を心がけましょう。
一般的に使われてない文言を多用したり、長文で聞きたいことを盛り込んだ文章だと回答するまでに思考することが増え、回答負荷が高まります。

2.質問順は時系列に沿って設定する
例えば自社製品の浸透実態を調査するときの質問順として、正しい順番は以下になります。
認知→購入経験→直近購入経験→今後の購入意向
購入経験→認知 のような順番にすると時系列が乱れているため、回答負荷が高まります。

3.似ている選択肢を作らない
例えば、選択肢内に「テレビ」と「マスメディア」があると、テレビはマスメディアに含まれるため、回答者は迷ってしまい、回答が分散する恐れがあります。

アンケート実施期間

アンケート手法によって実施~集計までの期間が変わります。
以下に挙げる4つのアンケート手法において、それぞれどれくらいの期間が必要になるかを記載します。
※記載の期間はあくまでも目安でそれぞれ内容によって異なります。
・Webアンケート…2週間程度
・会場調査…4~5週間
・郵送アンケート…1ヶ月~2ヶ月
・街頭調査…1ヶ月以上

集計・分析

データが回収できたら、集計や分析をします。
それぞれいくつか種類があり、目的によって手法を変えます。
本記事では主に使われている手法についてご紹介します。
【集計方法】
■単純集計

選択式の設問において回答ごとの数を足し合わせるシンプルな集計方法です。
調査結果全体を俯瞰的に見ることができ、回答の傾向を把握することができます。

■クロス集計
ある設問において、他設問や属性情報との掛け合わせでより深掘りした傾向を把握することができます。
例えば性別や年代で回答傾向は異なるのか確認したいときにクロス表を活用します。

■自由記述集計
「数値」と「文章」のどちらかを記入させる設問において行う集計方法です。
・数値
 最小値、最大値、平均値、中央値、標準偏差を確認することで、
 データの読み違いを防ぐことができます。
・文章
 自由記述だけの一覧表を作成します。
 それから、キーワードをカテゴライズする「アフターコーディング」、
 出現単語を視覚的にわかりやすくする「テキストマイニング」等で分析をしていきます。
【分析方法】
■クラスター分析​
多くのデータの中から互いに似たものを集めて集団(クラスター)を作り、対象を分類する方法です。

■アソシエーション分析
数値同士の関連性を抽出する方法です。
「紙おむつが売れるとビールの売り上げもあがる」ようなルールを見つけることができます。

■主成分分析​
たくさんの変数の中から、同じような属性を集めて(1~3くらいの少数グループ)データの解釈をしやすくする方法です。
データをざっくり見ることができます。

■決定木分析
観測された変数の中から”目的変数”に影響する”説明変数”を明らかにし、樹木状のモデルを作成する分析手法です。

レポーティング

分析結果をまとめ終えたら、レポートを作成します。
結果を元に、立てた仮説が正しかったのか、違ったのか結論をわかりやすく記載しましょう。
第三者が見てもわかりやすく、意思決定において役立つ資料になるように作成することが大切です。
また、レポート作成ではグラフ等を用いて数値データを視覚的にわかりやすくすることも求められるでしょう。
次の施策を考えたり、マーケティング戦略のヒントを得ることができるようなレポートが理想です。

アンケートの手法

アンケート手法もいくつかあり、目的に合わせて選定をすることが大事です。
それぞれの特徴を把握することがアンケート調査の成功に繋がります。
ここでは代表的な4つのアンケート手法についてご紹介します。

Web調査

インターネットを通して行う調査手法です。
事前に登録している回答者に行うクローズド調査と、誰でも回答可能なオープン調査があります。
主に「定量調査」と呼ばれる結果を数字で表すデータを収集する際によく使われます。
短時間で多くのデータを収集できるという特長があり、紙のアンケートより時間と人件費もかからないのでスムーズに調査が進みます。
また昨今のコロナ禍で、Web調査の需要は大きくなってきており、手軽にできるセルフ型のアンケートツールも人気です。

会場調査(CLT)

指定の会場に対象者を集めて直接アンケート(インタビュー)をする調査手法です。
自社商品を様々な見せ方で体験(試用、試飲、試食等)してもらい、評価をその場で得ることができます。
あいまいな回答に対して深堀して聴取をすることができる等、知りたいことを正確に聴取することが可能かつ、対面なので回答者のリアルな表情や目線、行動等も見ることができます。
試用の他に店舗の商品棚を再現した「模擬購買」テスト等も実施できるところも他にない手法と言えます。

郵送調査

特定の住所に質問紙を郵送し、返送してもらうことで回答を集めるアンケート手法です。
Web調査ではアプローチできない属性の回答を得ることができます。
また、全国規模で広範囲に郵送できたり、特定の地域に絞っての郵送が比較的安価でできます。
懸念点は、回収率のコントロールが困難なこと、回収期間が長く結果が出るまで時間がかかることです。
調査内容によって回収が伸びない場合もあります。

街頭調査

調査員が街頭に出て、対象者を選別してその場で回答を得る手法です。
テレビや雑誌などのメディアでも積極的に行われている手法ですよね。
特定の地域や街などに限定でき、直接意見を聞けるという特長がある一方で、込み入った質問はなかなかできなかったり、場所の確保に手間と時間がかかったりする場合もあります。

アンケート調査の種類

アンケート調査は、マーケティングにかかわる意思決定をするために行われることが多いです。
集めたデータは企業内で分析され、製品やサービスの課題解決に利用されています。
ここでは活用シーンに合わせて3つの調査をご紹介します。

ブランド・認知度調査

自社の商品やサービスがどのくらい市場に浸透していて、どんな評価やイメージを持たれているかを把握する調査です。
競合がいる企業がほとんどの中、自社ブランドの認知状況やポジションを明確にすると、これから取り組むべき課題が見えてくるでしょう。
調査をすると企業と利用者とのギャップを知ることができ、現状の把握をすることができます。
刻々と変化する市場を追うために、定期的に調査を実施することで成果が得られます。
また、定量的なデータが必要なケースが多いので、調査手法としてはWeb調査が多く用いられます。

顧客満足度調査

自社の商品やサービスを利用した顧客に対して、満足度やリピート意向、意見等を聴取する調査です。
顧客満足度は企業の売り上げに深く結びつくため、課題解決に向けて役に立たせることができます。
顧客にとって期待値以上の商品やサービスだった場合、リピートしてくれる確率もあがりますし、周りの人たちにお勧めしてくれたりと、自社にとってはかなりありがたい存在になることでしょう。
一方で満足感が得られない場合は、他社に流れたり、ネガティブなレビューを広める可能性もあります。
昨今はSNSの普及により良くも悪くもすぐに広まってしまうので、顧客満足度を高めることが重要視されています。

競合調査

自社と他社の商品やサービスなどを多面的に比較して、自社のポジショニングを明確にし、売上アップ・顧客獲得を狙うための調査です。また、商品開発や新規事業を展開するときにも有効な調査といえます。
市場の競争で生き残っていくためには、競合を知り差別化を図ることが重要です。
調査完了後は、結果から自社の強みや弱みを把握し、改善すべき課題等の洗い出しをします。

まとめ

ここまで見てきたように、アンケートを実施するといっても様々な手法や種類があり、集計や分析にも時間がかかります。
本記事の運営会社はネットリサーチツール「Surveroid(サーベロイド)」もご提供しています。
サーベロイドはWeb上でアンケート作成から集計までをセルフで行えるため、調査費用が抑えられる、業務の負担が減るというメリットがあります。
リサーチをしようと思っている方はぜひ一度サービス内容をご確認いただければと思います。

お問い合わせはこちらから
mail:customer-support@surveroid.jp
TEL:03-6380-0462

ここまで見ていただきありがとうございました!
36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アンケート結果の分析はどうする?分析の流れや手法を解説

アンケート結果の分析はどうする?分析の流れや手法を解説

アンケートでのリサーチを行った際、その後の集計と分析によって結論を導き出すことが重要となります。この記事では集計と分析の手法を解説します。
アンケート結果のまとめ方とは?流れや集計方法を解説

アンケート結果のまとめ方とは?流れや集計方法を解説

アンケートは回答結果をまとめることで初めて意思決定に役立つものになります。 アンケート終了後は数字や自由回答が羅列されたデータが出力されます。それを集計や分析をして読み解いていくことが重要です。 集計や分析を正しく行わないと、間違った答えにたどり着く可能性がありますので、本記事ではアンケートを回収した後の流れ、集計・分析方法について解説していきます。
アンケートの作り方や作成時の注意点を解説

アンケートの作り方や作成時の注意点を解説

商品やサービスの評価や認知度を計るのにはアンケートにより生活者の声を集めるのが有効です。本記事ではより効果的なアンケートの作成方法について解説します。
単純には比較できない

単純には比較できない

データの比較とは、調査結果そのものを比較しているのではなく、つねに調査結果からの推定値を比較しているのだと考えられます。標本調査であれば、母比率や母平均の推定量を比較している、ただこの(不偏)推定量が調査結果の比率・平均と一致するというだけです。
KOJI.A | 139 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

大石(MRJ編集長) 大石(MRJ編集長)