2020年8月13日 更新

アンケートの選択肢を作るときのポイントって!?

gettyimages (683)

MECE

アンケートの選択肢を作成する際に重要になるのは、モニターに答えづらいと感じさせないことになります。
その中で知っておきたい概念がMECE「Mutually Exclusive, Collectively Exhaustive」になります。
MECEとはつまりは「モレだく、ダブりなく」という意味で、網羅的な選択肢になっているかということです。

選択肢における「ダブり」とは、例えば「普段利用する電子デバイスはどれですか。」という問いに対して、

・デスクトップPC
・ノートPC
・タブレット
・スマートフォン
・スマートウォッチ
・iPhone

上記のような選択肢になっていることを意味します。
「iPhone」は「スマートフォン」の1種になるので、このような選択肢は「ダブり」に相当します。

また選択肢における「モレ」とは、例えば「普段利用する電子デバイスはどれですか。」という問いに対して、

・デスクトップPC
・ノートPC
・スマートフォン
・スマートウォッチ

上記のように「タブレット」が電子デバイスから抜けている状態を指します。
選択肢は網羅的に作成することが重要なポイントになります。
 (678)

ランダマイズ機能

アンケートを作成する際、もう一つ気を付けておきたいポイントは選択肢の位置によって、回答バイアスがかかりやすいということです。
アンケートは通常、設問文の近くにある選択肢が選ばれやすいバイアスがかかっています。
このバイアスを取り除くためにWEBアンケートの強みでもあるランダマイズ機能を用いて、選択肢の提示順を入れ替えましょう。
そうすることで、よりバイアスを抑えたデータを集めることが可能になります。
回答者Aの画面

回答者Aの画面

回答者Bの画面

回答者Bの画面

このように回答者毎に選択肢の表示順をランダムにいすることでよりバイアスを抑えた回答データが集められます。
その際に排他選択肢などの選択肢は下位に固定させておくと回答負荷がかかりにくくなります。

いかがでしたでしょうか?
そのほか、設問文や設問数などのお悩みに答える記事も上げているので、是非参考にしてみてください!

WEBリサーチを行うときの適切な設問数ってどのくらい?
アンケート設問文を作るときのポイントって?
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アンケートで設問文を作る際のポイントを解説【回答率を上げるために】

アンケートで設問文を作る際のポイントを解説【回答率を上げるために】

アンケートで回答率を上げたい、質の高い回答を集めたい、そんなお悩みを解決するための設問文作成におけるお作法を解説します。簡単に作成が可能で、気軽に使うことが出来るWEBアンケート。だからこそ、意外と忘れがちな基本を紹介。
アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

マーケティング活動において生活者の声を取り入れるためにアンケートを取ることは重要な施策の1つとなっています。ただアンケートに回答するという行為は回答者にとっては一定の時間を提供する心理的負荷の高い行動となります。 当記事ではアンケートへの回答率を上げるための方法の1つとして、アンケート依頼メールの書き方についてのポイントを解説します。
アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートは対象者に向けていくつかの質問をし、回答内容に基づいて分析をすることで何らかの情報を得るために行いますが、アンケート結果に現実との齟齬が生じると今後のマーケティング活動に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。 今回は、アンケートの『選択肢』に焦点を当てて信頼性の高い回答を得るためのポイントを解説していきます。
アンケート調査で「回収率」が重要なのはなぜ?回収率を向上させる方法についても解説

アンケート調査で「回収率」が重要なのはなぜ?回収率を向上させる方法についても解説

アンケートはマーケティングの成果を測定するときに有効な手段である一方、正しく活用するためにはアンケートの配布数、回収数だけではなく、「回収率」も確認をする必要があります。今回は、なぜ回収率が重要視されるのか、回収率が低くなる要因を踏まえて、アンケートの回収率を上げる方法について詳細に解説します。
アンケートとは?種類や作成方法を解説

アンケートとは?種類や作成方法を解説

アンケートはマーケティング課題の発見などに役立つものではありますが、実施する上でその目的を明確にし、しっかりと作成をしなければ効果的な戦略立案などの目的を達成することはできません。当記事では効果的な回答を得るためのアンケートの種類や作成方法を解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

栗田(MRJ副編集長) 栗田(MRJ副編集長)