2020年9月8日 更新

アンケートのサンプルサイズの設定ってどうしたらいい?

gettyimages (805)

「サンプル数」と「サンプルサイズ」の違い

まず「サンプル数」と「サンプルサイズ」の違いについて解説します。
これについて誤解されているケースが多いのですが、「サンプル数」とは実施したリサーチの数、「サンプルサイズ」リサーチの対象となる人数(n数)になります。

例えば10代から60代までの年代別に同様のリサーチを1,000人ずつに行った場合、
「サンプル数」が6、「サンプルサイズ」が各1,000ということになります。

この違いを覚えておくと、実際にリサーチを行う際スムーズに進めることが出来ます。

サンプルサイズの簡単な決め方とは?

リサーチ結果はいわゆる「推定値」とされています。推定値なのリサーチ結果には必ず誤差が生じます。
この誤差はサンプルサイズが大きくなるにつれて解消されていきますが、その分リサーチにかかる費用も膨らんでいきます。
統計学にもサンプルサイズを決める計算式がありますが、リサーチ初心者には難しく思えます。
そこでサンプルサイズを決める指標として「分析したい項目*100」​を置いてみてください。
リサーチを行い、分析したい項目が3つだった場合には300、5つの場合には500となります。
5 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アンケートの設問順ってどうしたらいい?

アンケートの設問順ってどうしたらいい?

アンケートで有効な回答を得るにはどれくらいの設問順がいいのか、なんとなく決めていないでしょうか?この記事では設問順について解説します。
アンケートの選択肢を作るときのポイントって!?

アンケートの選択肢を作るときのポイントって!?

簡単に作成が可能で、気軽に使うことが出来るWEBアンケート。自分もやってみたいけど、作り方が分からず不安。 そんなお悩みを解決したいと思います。
アンケートで設問文を作る際のポイントを解説【回答率を上げるために】

アンケートで設問文を作る際のポイントを解説【回答率を上げるために】

アンケートで回答率を上げたい、質の高い回答を集めたい、そんなお悩みを解決するための設問文作成におけるお作法を解説します。簡単に作成が可能で、気軽に使うことが出来るWEBアンケート。だからこそ、意外と忘れがちな基本を紹介。
アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

マーケティング活動において生活者の声を取り入れるためにアンケートを取ることは重要な施策の1つとなっています。ただアンケートに回答するという行為は回答者にとっては一定の時間を提供する心理的負荷の高い行動となります。 当記事ではアンケートへの回答率を上げるための方法の1つとして、アンケート依頼メールの書き方についてのポイントを解説します。
アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートは対象者に向けていくつかの質問をし、回答内容に基づいて分析をすることで何らかの情報を得るために行いますが、アンケート結果に現実との齟齬が生じると今後のマーケティング活動に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。 今回は、アンケートの『選択肢』に焦点を当てて信頼性の高い回答を得るためのポイントを解説していきます。
大石 | 2,627 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

栗田(MRJ副編集長) 栗田(MRJ副編集長)
Surveroid
Surveroid