2020年6月16日 更新

オートコール(IVR)とインタビュー

gettyimages (431)

IVRへの注目

以前のコラム「調査結果を気軽にけなす素人がむかつく」https://mr-journal.com/JmswB でふれた毎日新聞の世論調査について、リサーチの方法論的な話題としては、自動音声電話(オートコール、IVR=Interactive voice response)とSMS(ショートメッセージ)を利用した聴取方法への変更があげられます。

6/5には日経リサーチも『自動音声応答通話(オートコール)を使った「世論観測」サービスを開始』https://www.nikkei-r.co.jp/news/release/id=7250 というプレスリリースを出しており、業界でIVRが注目されてきています。これには、新型コロナによってコールセンターにオペレータを集めること自体も難しくなった、という事情が影響しているようです。

毎日新聞の調査は、固定電話についてはRDDからIVRで実査、世帯内個人の抽出法については詳細不明です。スマートフォン/携帯電話についてはRDDからIVRでショートメッセージ送信の応諾をとっているようです。ショートメッセージからの実査の詳細は不明ですが、システム的な面をバックアップしていると思われるグリーン・シップ社 https://www.green-ship.co.jp/ のシステムだとすると、ショートメッセージからweb調査画面に誘導しているのではないかと思われます。

いわゆるミックス・モード調査ですが、調査員による電話調査(インタビュー)から、自記式調査へ大きな方法の変更があった、とみることができます(IVRは電話調査ですが自記式 self-administrated に分類されます)。

自記式とインタビュー

「人が関与しないから信頼度が増す」というようにIVRを評価する人もいます。これはあまりにも短絡的な見方ですが、とはいえ調査員バイアス=インタビューアの性別、人種、質問の聴き方などによる影響が排除できるのは良い点としてあげられます。

調査員調査が困難になる中、マーケティング・リサーチではすでにそうなっているように、定量調査のインタビューから自記式調査への移行は時代の要請でしょう。

一方、自記式になることによって失われるものもあると思います。インタビューの効用としては、次の3つをあげることができます。
(1)    適切な対象者を選び出し、協力を得るリクルート能力(回収率、代表性に関わる)
(2)    回答する手助けをし、モチベーションを上げる(無回答誤差、非標本誤差に関わる)
(3)    回答者とのやりとりができることによって、リサーチャーの調査/測定手段の幅が広がる

こうあげてみると、いずれも現在主流のオンライン調査について、イノベーションの方向性を示しているように思われます。

(1) は自発的登録に基づくリサーチ用パネルへの依存からのイノベーション。(2)は、単に紙のアンケートをwebに移し替えただけの回答インターフェイスのイノベーション。(3)も同様にインタラクティブな設問・実査手法によって収集できるデータの量と質を向上させるイノベーション、と考えられます。いずれについても、AIや様々な革新的技術によって、多方向からのチャレンジができるのではないでしょうか。

質問しているのはだれか

もう一つ気になったことがあって、それはIVRの声はだれの声かということです。性別が調査員バイアスになるとすれば、女性でも男性でもない声なのか。年齢の感じは。むしろ、非人間的な無機質な感じの方がよいのか。

さらに進めて考えると、Web調査のように現状テキスト中心のものも、インタラクティブ性を高めるために、質問者が擬人化されていくかもしれません。AlexaとかSiriのように。

ちなみに、以前、自動ビデオ通話(ビデオ上でCGのロボットが質問をする)によるアンケートの協力意向者に、質問者の見かけの希望をたずねたことがあります(下図)が、何が良いかはなかなかイメージできにくいようです。
(C) Rough Commons (438)

via (C) Rough Commons
もしかすると、人口に膾炙し信頼されるリサーチ・ロボットのキャラクター(ブランド)を作ることが最大のイノベーションかもしれない、と空想しました。

9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【独自調査】生活者の購買行動を引き起こさせるために必要なこととは?

【独自調査】生活者の購買行動を引き起こさせるために必要なこととは?

コロナ禍も収束の気配を見せ始め、人々の行きかいも活発になってきているように思われます。沈んでいた経済活動も復調の兆しを見せ始める中、生活者はどのように購買行動を起こしているのでしょうか?今回はその実態について、15歳から60代以上の600名にアンケートを実施し、深掘りしてみました。
ダークな「No.1調査」

ダークな「No.1調査」

ネットリサーチCron : リサーチ関連の話題・手法について、業界内外の人が息抜きに読めるような軽いコラムです。
KOJI.A | 60 view
外国人観光客の受け入れ再開!続くマスク生活に生活者の本音とは?

外国人観光客の受け入れ再開!続くマスク生活に生活者の本音とは?

6月10日は県民割などのGoToキャンペーンの開始や、外国人旅行者の本格的な受け入れの再開など、withコロナ生活に向けて加速しているように思われます。新型コロナウイルスへの対策方針が大きく変化しているように思われる昨今ですが、実際の生活者はどのような思いを抱いているのでしょうか? 今回は全国の都道府県の20代以上の男女500名を対象にアンケートを実施しました。その結果をご紹介します!
【サーベロイド】回答者の趣味嗜好や家族構成など、より詳細な消費者情報を基にアンケート配信可能な新機能「拡張属性」をリリース!

【サーベロイド】回答者の趣味嗜好や家族構成など、より詳細な消費者情報を基にアンケート配信可能な新機能「拡張属性」をリリース!

MarketingResearchJournalを運営する株式会社マーケティングアプリケーションズ(本社:福岡県福岡市、代表取締役・萩野郁夫)は、2022年4月1日(金)に、セルフ型ネットリサーチ「サーベロイド」で新機能「拡張属性」の提供を開始致しました。
大石 | 305 view
ホワイトデーでのバレンタインのお返しに対する働く女性の意識調査2022

ホワイトデーでのバレンタインのお返しに対する働く女性の意識調査2022

もうすぐホワイトデー。お返しに迷っている方も多いのではないでしょうか? 今回働く女性がホワイトデーについてどう思っているのか、550名を対象に調査を行いました。貰って嬉しいものから、お返しの金額、ホワイトデーに対するホンネを集めてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

KOJI.A KOJI.A
Surveroid
Surveroid