2020年11月2日 更新

統計データ、市場調査データを見られるサービスのご紹介

gettyimages (1253)

統計データが閲覧出来るサイト一覧

総務省統計局

総務省統計局のサイト。国勢調査をはじめ、国の基本的な統計を行っている。
URLはこちら:http://www.stat.go.jp/

経済産業省

経済産業省の統計データ公表サイト。主に経済活動にまつわる動態統計データを公表している。
URLはこちら:https://www.meti.go.jp/statistics/index.html

株式会社マクロミル

調査大手マクロミル社のサイト。主に一般生活者の消費活動やトレンドなどの時事ネタについてのプロファイルデータを公表している。
URLはこちら:https://www.macromill.com/contact/ja/reports.php

矢野経済研究所

調査大手矢野経済研究所のサイト。YRI WEBメンバーに登録することで、産業分野ごとのマーケットレポートが購入可能となる。
URLはこちら:https://www.yano.co.jp/market_reports/index.php

リクルートライフスタイル

リクルートの調査研究サイト。同社が発行する媒体にまつわる、グルメ・ビューティー・トラベルの市場調査結果を公表している。
URLはこちら:https://www.recruit-lifestyle.co.jp/company/rd

マーケティングリサーチキャンプ

ジャストシステム社が運営するマーケティングリサーチ情報サイト。世の中のトレンドに沿った自主調査結果を公表している。
URLはこちら:https://marketing-rc.com/

欲しいデータが見つからないときは?

リサーチ方法①:調査会社へ依頼する

欲しいデータが公表されていないときは、調査会社に依頼することも選択肢のうちの1つです。
調査目的に合わせて適切な調査手法を立案し、実行に移すことができます。

リサーチ方法②:セルフ型ネットリサーチツールを利用しよう!

欲しいデータが定量調査のみで得られる場合には、セルフ型ネットリサーチツールを利用することも選択肢の1つです。
調査会社は個人での利用が難しいなか、セルフ型ネットリサーチツールは個人での利用ができるサービスもありオススメです。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

アンケートの依頼メール文の書き方とは?記載すべき項目や回答率をアップさせるポイントを解説

マーケティング活動において生活者の声を取り入れるためにアンケートを取ることは重要な施策の1つとなっています。ただアンケートに回答するという行為は回答者にとっては一定の時間を提供する心理的負荷の高い行動となります。 当記事ではアンケートへの回答率を上げるための方法の1つとして、アンケート依頼メールの書き方についてのポイントを解説します。
アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートの選択肢の重要性・作成時の注意点・種類について解説

アンケートは対象者に向けていくつかの質問をし、回答内容に基づいて分析をすることで何らかの情報を得るために行いますが、アンケート結果に現実との齟齬が生じると今後のマーケティング活動に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。 今回は、アンケートの『選択肢』に焦点を当てて信頼性の高い回答を得るためのポイントを解説していきます。
アンケート調査で「回収率」が重要なのはなぜ?回収率を向上させる方法についても解説

アンケート調査で「回収率」が重要なのはなぜ?回収率を向上させる方法についても解説

アンケートはマーケティングの成果を測定するときに有効な手段である一方、正しく活用するためにはアンケートの配布数、回収数だけではなく、「回収率」も確認をする必要があります。今回は、なぜ回収率が重要視されるのか、回収率が低くなる要因を踏まえて、アンケートの回収率を上げる方法について詳細に解説します。
Googleフォームでの使い方を徹底解説。アンケート作成方法から作成事例まで!

Googleフォームでの使い方を徹底解説。アンケート作成方法から作成事例まで!

Googleのアカウントを作成すれば無料で利用できるGoogleフォーム。当記事ではその利用方法と作成方法を解説します。
アンケートとは?種類や作成方法を解説

アンケートとは?種類や作成方法を解説

アンケートはマーケティング課題の発見などに役立つものではありますが、実施する上でその目的を明確にし、しっかりと作成をしなければ効果的な戦略立案などの目的を達成することはできません。当記事では効果的な回答を得るためのアンケートの種類や作成方法を解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

栗田(MRJ副編集長) 栗田(MRJ副編集長)