2022年7月27日 更新

外国人観光客の受け入れ再開!続くマスク生活に生活者の本音とは?

若年層は周囲の目をどれだけ気にしているのか?

今後感染拡大が起きたときに政府から何かしらの自粛要請が出た場合、どのような行動をとるのか?

 (4217)

20代の男女に関して、規制を無視しがちというイメージを抱いている人もいるように思われるが、実際には“5割以上が規制を守り、3割近くが現在も自粛を行っている”という結果になった。その中でも“周囲と同様の行動を取る”と回答した割合が17%と最も多く、他の年代に比べて他者の行動が本人の行動に影響しやすいことが見受けられる結果となった。
一方で、30代の男女については規制をあまり意識しない割合が全体に対して最も多い結果となった。

世代別で他人の外出や旅行に関して、受け取り方は変わるか?

 (4218)

また、他者の外出や旅行に対して、全体的には行動を容認するものが多数を占める結果となった。その中で、“外出や旅行を羨ましく思っている”と回答した20代男女が15%と他の年代よりも突出して高く、より他者の行動を気にしていると受け取られる結果となった。

居住エリアによって外出や旅行に対しての意識差はあるか?

都市圏と地方在住者によって外出や旅行に対しての意識差は?

 (4219)

※海外在住と回答した回答者1sを除外しています。
前章で行ったアンケート結果を居住エリア毎で集計を行いました。この集計での一都三県は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県を指し、都市圏は愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県を指しています。
結果、一都三県を含む都市圏に居住する生活者は外出や旅行にポジティブに受け止められている結果に対して、その他のエリアに居住する生活者は若干その度合いが低い結果となりました。また一都三県に関しては外出や旅行に対してい自己責任とする割合が50%弱と最も多く、withコロナ生活への許容度が高いと見受けれられる結果となりました。

GoToキャンペーンの利用意向はどのようになっているか?

 (4220)

※海外在住と回答した回答者1sを除外しています。
6月10日より全国の自治体で実施が始まった県民割、都民割などのGoToキャンペーンの利用意向について、都市圏の生活者は積極利用の傾向が高いのに対し、一都三県を含まないその他の自治体での生活者はキャンペーンの利用意向が突出して低く、また旅行の自粛傾向が50%強と高く、まだまだコロナ禍での生活を続ける意向が高い結果となりました。

世帯年収によって旅行に対する意識に差はあるか?

 (4221)

居住エリアによって差が見られた外出、旅行に対しての意識ですが、世帯年収によっての差は見られるのでしょうか?結果は上の表のように、世帯年収が高い回答者ほど外出や旅行に対してポジティブに捉えている結果となりました。

ネットリサーチツールへのリンク


外国人旅行者の受け入れ再開について生活者はどう思ってる?
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【7月28日はナニワの日!!】開催まで1000日切った大阪万博 国民の万博への意識とは?

【7月28日はナニワの日!!】開催まで1000日切った大阪万博 国民の万博への意識とは?

2025年の開催まで1000日を切った大阪万博。先日の開幕1000日前イベントでは、公式キャラクターの名称が「ミャクミャク」に決定し、有名アーティストが制作した公式ソングも発表されました。最近ではテレビ番組などで少しずつ万博関連の情報が紹介されはじめ、徐々に注目を集めるようになってきています。そんな大阪万博ですが、国民はどのように受け止めているのでしょうか?現在の声を集めてみました!
【独自調査】生活者の購買行動を引き起こさせるために必要なこととは?

【独自調査】生活者の購買行動を引き起こさせるために必要なこととは?

コロナ禍も収束の気配を見せ始め、人々の行きかいも活発になってきているように思われます。沈んでいた経済活動も復調の兆しを見せ始める中、生活者はどのように購買行動を起こしているのでしょうか?今回はその実態について、15歳から60代以上の600名にアンケートを実施し、深掘りしてみました。
ホワイトデーでのバレンタインのお返しに対する働く女性の意識調査2022

ホワイトデーでのバレンタインのお返しに対する働く女性の意識調査2022

もうすぐホワイトデー。お返しに迷っている方も多いのではないでしょうか? 今回働く女性がホワイトデーについてどう思っているのか、550名を対象に調査を行いました。貰って嬉しいものから、お返しの金額、ホワイトデーに対するホンネを集めてみました。
【独自調査】成年年齢引き下げに対するティーン世代の意識から見えてきたこととは?

【独自調査】成年年齢引き下げに対するティーン世代の意識から見えてきたこととは?

成年となる年齢の引き下げる示した「民法の一部を改正する法律」が2022年4月1日に施行され、成年年齢が18歳となりました。それに伴う様々な話題や課題が取り上げられ議論を呼んでいますが、当の10代後半のティーン世代はどのように捉えているのでしょうか?またそこから見えてきた問題とは?
22年度新入社員に聞いた!理想の先輩と働き方を徹底調査

22年度新入社員に聞いた!理想の先輩と働き方を徹底調査

新年度も3週目となり、今年度入社した新入社員との交流が増えてきた方も多いのではないでしょうか?毎年その年度の新入社員を形容するワードや理想の上司ランキングなどが紹介されますが、今年の新入社員の実態はどうなのでしょうか?今年度4月に入社した新入社員300名にアンケートを実施した結果をご紹介します!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

栗田(MRJ副編集長) 栗田(MRJ副編集長)